『映画 えんとつ町のプペル』劇中挿入歌を、秋山黄色、粉ミルク、ALONEが担当

ツイート


お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣原作で、累計発行部数60万部(2020年12月現在)を記録している絵本『えんとつ町のプペル』(2016年発売)のアニメーション映画化作品『映画 えんとつ町のプペル』が12月25日(金)に全国公開される。その劇中挿入歌に、秋山黄色「夢の礫」、粉ミルク「メザメ」、ALONE「ドリーマー」が決定した。

本作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る冒険物語であり、もう一歩踏み出したいすべての人に贈る作品。絵本では描かれなかったえんとつ町の“本当の物語”を描き出しており、またアニメーション制作はSTUDIO4℃がつとめている。なおオープニング主題歌は、本作のためにアレンジを加え、新たに生まれ変わったHYDEの「HALLOWEEN PARTY-プペル Ver.-」。そしてエンディング主題歌のロザリーナの「えんとつ町のプペル」が、ハロウィンの奇跡を盛り上げる。















さらに、ルビッチとプペルの宝物のような関係を表現するようなポップなナンバーから、強い信念や葛藤に暖かく寄り添うバラードまで、それぞれのシーンで多彩なアーティストたちによって手掛けられた劇中挿入歌が物語に花を添える。秋山黄色は、「この作品に携われたこと、今このような形で曲を届けられること、本当にうれしいです。僕は今「音楽家」としてお仕事をさせて頂いていますが、やはり少し笑われやすい夢でしたので悔しい思いをたくさんしました。このお話は、僕にとって全く他人事ではありません、最初に信じたのは自分だけでした。この映画が誰かを応援する、その力の一部になれますように、心を込めて音にしました」とコメント。劇中でプペルとルビッチがすれ違い、再び一人ぼっちとなってしまった2人の悲しみと相まって涙を誘う楽曲に仕上がっている。

また、顔や名前は一切公表していない正体不明の謎の美声シンガーであり、YouTubeの登録者数は120万人を超える粉ミルクは、「本当の自分を思い出していく旅の中で、今までの常識や概念を超え、その先へ進むという祈りを歌わせていただきました。自分の信じた方へ進む勇気を持つことの大切さ、本当の自分と繋がり、常識や枠を超えたその先にあるワクワクに突き進む旅の素晴らしさを是非、劇場で体感してください。また、プペルの世界観をイメージして、ゴミの音を曲中に散りばめたりと遊び心ある楽曲になっておりますので、映画と合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメント。星を見つける大冒険の旅へ出るプペルとルビッチの背中を押す応援歌となっている。

さらに、12月25日より活動開始し、これからの活躍が期待されるALONEは、「ストーリーの中で繊細に描かれたキャラクターの心情や変化を、私の声でどう表現するのが一番いいのか?なんてことを考えながら歌いました。プペルの世界観を細かいところで表現しています。耳に残りやすいキャッチーなメロディーも魅力的です。歌っていてとても前向きな気持ちになれる曲です」とコメント。プペルとルビッチが友情を深めていく様子をアップテンポに表現する楽曲だ。

これからの音楽界を背負っていく新進気鋭のクリエイターが顔を揃えた本作。本作の音楽プロデューサーを務めた北原京子は「当初からのテーマだった王道も貫きながらエッジィでアップデートも音楽で挑戦したかった。主題歌、挿入歌もスタンダード~ポップもありつつ洋楽的なエッセンスも意識してアーティストの皆さん達と完成に至りました。そんなヴァリアス・サウンド達が作品の中で生き生きと鳴り、観客の皆さんのわくわくの一つになれたら、音楽チーム一同、嬉しく思います」と、音楽面での挑戦とチーム一同で作り上げた音楽についてコメントした。なお、劇中挿入歌3曲のティザー映像も公開されているので、チェックしてみよう。







  ◆  ◆  ◆

<秋山黄色 コメント全文>
「秋山黄色です。映画『えんとつ町のプペル』挿入歌を担当させて頂きました。この作品に携われたこと、今このような形で曲を届けられること、本当にうれしいです。
僕は今「音楽家」としてお仕事をさせて頂いていますが、やはり少し笑われやすい夢でしたので悔しい思いをたくさんしました。このお話は、僕にとって全く他人事ではありません。
最初に信じたのは自分だけでした。
それでも楽しく打ち込んでいくにつれ、しだいに夢は醒め「目標」へと変わりました。
目が醒めて、本当の意味で夢を見ました。
バカにされるのはまだ痛くて悔しい。
きっと多くの人が「えんとつ町」を知っていますね。この映画が誰かを応援する、その力の一部になれますように。
心を込めて音にしました。よろしくお願いします」

  ◆  ◆  ◆

<粉ミルク コメント全文>
「はじめまして、粉ミルクと申します。この節目の時代に『映画 えんとつ町のプペル』という作品に携わることができて感謝しています。「メザメ」という楽曲では、本当の自分を思い出していく旅の中で、今までの常識や概念を超え、その先へ進むという祈りを歌わせていただきました。 自分の信じた方へ進む勇気を持つことの大切さ、本当の自分と繋がり、常識や枠を超えたその先にあるワクワクに突き進む旅の素晴らしさを是非、劇場で体感してください。
また、プペルの世界観をイメージして、ゴミの音を曲中に散りばめたりと遊び心ある楽曲になっておりますので、
映画と合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです。みなさんの明るい未来を祈っています」

  ◆  ◆  ◆

<ALONE コメント全文>
「原作から読ませていただいていた作品の劇中歌を歌わせていただき大変光栄です。このような機会をいただき、本当にありがとうございます。原作を知っていたからこそ、ストーリーの中で繊細に描かれたキャラクターの心情や変化を、私の声でどう表現するのが一番いいのか?なんてことを考えながら歌いました。
今回の楽曲「ドリーマー」は歌詞に可愛らしい単語が散りばめられていて、プペルの世界観を細かいところで表現しています。耳に残りやすいキャッチーなメロディーも魅力的です。私自身も日常でつい口ずさんでしまいますし、
歌っていてとても前向きな気持ちになれる曲です。ぜひみなさま注目して聴いてみてください」

  ◆  ◆  ◆

<音楽プロデューサー北原京子 コメント>
「当初からのテーマだった王道も貫きながらエッジィでアップデートも音楽で挑戦したかった。それは、誰にも響くであろう本作の普遍のテーマや、STUDIO4℃のハイエンドなセンスや個性がそこにあったからです。音楽業界でも注目の小島裕規さん、坂東祐大さんんとタッグを組みました。西野さんとも音楽についての様々な意見交換を行って作品を積み上げました。物作りには山あり谷あり。スリリングも沢山ありましたが、当初から頭の中で鳴っていた通りの、いやそれ以上の音楽を作る事が出来ました。主題歌、挿入歌もスタンダード~ポップもありつつ洋楽的なエッセンスも意識してアーティストの皆さん達と完成に至りました。そんなヴァリアス・サウンド達が作品の中で生き生きと鳴り、観客の皆さんのわくわくの一つになれたら、音楽チーム一同、嬉しく思います」

  ◆  ◆  ◆

『映画 えんとつ町のプペル』

12月25日(金)より 全国公開
■声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
■製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣 ■監督:廣田裕介
■OP主題歌:「HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-」 HYDE (Virgin Music)
■ED主題歌:「えんとつ町のプペル」ロザリーナ(ソニー・ミュージックレーベルズ)
■アニメーション制作:STUDIO4℃ ■製作:吉本興業株式会社 ■配給:東宝=吉本興業
■映画コピーライト: (c)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会 ■原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
■原作コピーライト:(c)AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016
■公式サイト:poupelle.com

【STORY】 信じて、信じて、世界を変えろ。
厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノの息子・ルビッチは、父の教えを守り“星”を信じ続けていた。しかし、ルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。そしてハロウィンの夜、ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となり、ルビッチとプペルは「星を見つける」旅に出ると決意する。父を信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?
この記事をツイート

この記事の関連情報