斉藤和義、「2020 DIARY」を初パフォーマンスするYouTube弾き語りライブ配信決定

ツイート


斉藤和義のニューシングル「2020 DIARY」(※読み方:ニーマルニーマルダイアリー)が12月16日に配信リリースされた。この曲をライブ初パフォーマンスする配信プログラム「Kazuyoshi Saito 2020 DIARY Live」が12月26日(土)の21時から、斉藤和義オフィシャルYouTubeチャンネルにてプレミア公開されることが明らかとなった。

同曲は、2020年に起きた出来事が綴られた8分30秒のメッセージソング。2020年に斉藤和義のライブを、しかも弾き語りで観ることが出来るのは今回の配信プログラムだけだ。さらに、ここでしか聞けない「2020 DIARY」についてのトークなど、レアな内容を期待できるという。詳細については、斉藤和義オフィシャルサイトやSNSで追って発表される。なお、アーカイブ期間は2020年12月31日(木)の23:59まで。

配信プログラム「Kazuyoshi Saito 2020 DIARY Live」

12月26日(土)21:00~
斉藤和義 YouTubeオフィシャルチャンネルにてYouTubeプレミア公開
https://www.youtube.com/c/kazuyoshisaitoch/videos
YouTubeプレミア公開とは、視聴者が新作動画を同時に見て楽しめるYouTubeの機能。YouTubeプレミア公開中にリアルタイムでチャットをしながらビデオを観ることができ、誰でも無料で参加し、リアルタイムで最新動画の公開を迎えることが出来る。

Digital Single「2020 DIARY」


2020年12月16日リリース
https://jvcmusic.lnk.to/2020DIARY

※ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

この記事をツイート

この記事の関連情報