佐野元春、40周年フィルムフェスティバル最終回で最新ライブ映像の公開が決定

ツイート

佐野元春が開催している『佐野元春40 周年記念フィルム・フェスティバル』シリーズ最終回の上映作品において、佐野元春&ザ・コヨーテバンドの最新ライブ映像が盛り込まれることとなった。

リーズ最終回の上映タイトルは“佐野元春 & THE COYOTE BAND スタジオ・セッション『SAVE IT FOR A SUNNY DAY』”。上映日時は、2020年12月23日(水)、開場20:30 / 開始21:00。また、再配信も2020年12月28日(月)に決定している。

上映内容は、東京・音響ハウスで行われた佐野元春&ザ・コヨーテバンドの最新スタジオ・セッションから5曲と、未発表新曲のレコーディングの模様を収めた撮り下ろしのドキュメンタリー映像作品。佐野とバンドがどのように音を紡いでいくのか、興味深いドキュメンタリーとなっている。この映像作品の撮影・監督は近浦啓が担当した。

さらに急遽、12月21日に千秋楽を迎えたばかりのコンサートツアー<SAVE IT FOR A SUNNY DAY>から、佐野元春&ザ・コヨーテバンドによる人気のクリスマス・ソング「みんなの願いかなう日まで」の最新ライブ映像が盛り込まれることとなった。このコンサートツアーは、コロナ禍の状況で感染症対策を万全にして開催し、現在表現しうる特別なライブを佐野とバンドが展開した全国5ヵ所のホール・ツアー。その中からの最新映像ということで、他では決して見られない貴重な上映作品となっている。

上映形態は、ライブ番組の感覚で届けるストリーミング特番として配信され、ライブ・コンサートと同じような体験を視聴者とシェアする。当日は佐野元春本人も視聴者のひとりとして参加、ファンとのチャットが予定されている。

さらに当日は、セレクトショップ・ブランドBEAMSとのコラボレーションによる、オリジナル・ウェア/グッズも併売。上映と合わせてその収益は、佐野元春が提唱する「SAVE IT FOR A SUNNYDAY」を通じて、コロナ禍で困窮する音楽制作者支援の基金として役立てる。

ライブ・イベント情報

■タイトル:佐野元春40周年記念フィルムフェスティバルvol.6、佐野元春 & THE COYOTE BAND スタジオ・セッション『SAVE IT FOR A SUNNY DAY』
■制作監督:近浦 啓
■配信: 本配信 2020年12月23日(水)開場20:30 / 開始21:00
再配信 2020年12月28日(月)開場20:30 / 開始21:00
■上映時間:60min.
■料金:配信チケット 3,000 円 / 寄付+配信チケット 4,000 円
※本配信のチケットを購入される方は、1,000円追加で再配信をご覧いただけます
■チケット発売日時:2020年12月9日(水) 12:00 ~
■主催・企画:デイジーミュージック
■配信プラットフォーム:Stagecrowd(ステージクラウド)
■制作協力:ソニー・ミュージックソリューションズ
■チケット購入ページ :https://stagecrowd.live/1869047718/
この記事をツイート

この記事の関連情報