マーク・ド・クライヴ・ロウ、新コラボ作品リリース

ツイート

日本をテーマにした大作『HERITAGE』、そして日本の精鋭プレイヤーが結集したバンドRONIN ARKESTRAなど精力的に活動を続けているキーボード奏者/プロデューサーのマーク・ド・クライヴ・ロウが早くも新コラボ作品をリリースする。

◆マーク・ド・クライヴ・ロウ 関連画像

今回マークがコラボしたのはベーシストのアンドレア・ロンバルディーニと、ジャズ・ドラマーのトマッソ・カッペラットというイタリアの精鋭たちとのトリオ作品で、クラブミュージックでの経験も踏まえたダンサブルでアグレッシヴなビート、そして瞑想的なメランコリックとソウルフルなアンサンブルとなっている。

■原雅明 ringsプロデューサー コメント

『Heritage』で日本に回帰したマーク・ド・クライヴ・ロウが次に選んだのは、イタリアの精鋭たちとの演奏。NYのジャズ・シーンとも繋がりの深い実力派ベーシスト、アンドレア・ロンバルディーニと、ジャズ・ドラマーにしてセンスあるビート作品も発表しているトマッソ・カッペラットとのトリオは、マークのジャズ心を刺激するに充分なメンバーだ。ヨーロッパを横断するツアーで構想され、日本で作曲し、イタリアのヴィチェンツァで録音された本作は、三者の中にある豊かな音楽性を描き出している。


『DREAMWEAVERS』

2021年2月3日(水)リリース
rings RINC73 2,600円+税

■Tracklist :
1.Mizugaki Prelude
2.Birds Of Prey
3.Strolling Down Degnan
4.Motherland
5.Natadera Spirit Walk
6.Volta Ao Mundo
7.Dreamweavers8.In Answer To Your Question
9.Kodama Shade
&Japan Bonus Track(予定)

◆rings オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報