モグワイ、デイヴ・フリッドマンのプロデュースによる10th AL『アズ・ザ・ラヴ・コンティニューズ』リリース

ツイート

モグワイは10枚目のスタジオ・アルバム『As The Love Continues』を2021年2月19日にRock Action Recordsよりリリースする。

◆ モグワイ 関連動画&画像


本アルバムは2020年初頭、プロデューサーのデイヴ・フリッドマンと共にレコーディングされた。また、アッティカス・ロス(8曲目「Midnight Flit」)とコリン・ステットソン(9曲目「Pat Stains」)がコントリビューターとしてフィーチャーされている。『As The Love Continues』はバンドのデビュー・シングル「Tuner/Lower」から25年を経た作品となる。

『As The Love Continues』は元々、アメリカでレコーディングされる予定だったが、パンデミックのため、そのロケーションはウスターシャーへと変更となった。モグワイは10代の頃から計画なしで前進してきており、マスタープランを策定するための機密のミーティングを持ったりするようなことは一切なかった。そうした状況下、これほどまでに長く続いているバンドはほぼ、存在しない。その背後には10枚のアルバムが存在するが、そのどれもに失望や創造的な過ちは存在しない。あなたの中にはアルバムに期待する何かが存在するかもしれない。しかし、この作品からそれと同じ物を得ることは出来ない。枠を超えた驚きと共に、『As The Love Continues』はモグワイが平凡からの慰めを提供し、あなたの頭の中にあるどんな映画に対しても最高のサウンドトラックを提供していることを証明している。


『As The Love Continues』

2021年2月19日(金)リリース
ROCKACT140CDJ[CD] ¥2,400+税
ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ 世界同時発売、解説付、日本盤ボーナス・トラック収録

■収録曲目:
1. To The Bin My Friend, Tonight We Vacate The Earth
2. Here We, Here We, Here We Go
3. Dry Fantasy
4. Ritchie Sacramento
5. Drive The Nail
6. Fuck Off Money
7. Ceiling Granny
8. Midnight Flit
9. Pat Stains
10. Supposedly, We Were Nightmares
11. It's What I Want To Do, Mum
*他、日本盤ボーナス・トラック追加収録

◆モグワイ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報