全米アルバム・チャート、テイラー・スウィフトが2週連続1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、先週1位に初登場したテイラー・スウィフトの新作『evermore』が首位をキープした。デジタル/ストリーミングに加え、CDが発売されたことで2週目のセールスも好調だった。

英国で初登場トップに輝いたポール・マッカートニーの『McCartney III』は、全米では2位にチャート・イン。フィジカル・フォーマット(CD/LP)のセールスは今週最大で、トップ・アルバム・セールス・チャートおよびヴィニール・アルバムス・チャートでは1位を獲得した。LPは、アートワークやヴィニールの色を変え、10タイプ以上が限定発売されたそうだ。

3位には、デラックス・エディションがサプライズ・リリースされたエミネムの『Music To Be Murdered By』(新タイトルは『Music To Be Murdered By - Side B』)が再エントリーした。

今週新たにトップ10入りしたのはマッカートニーの新作のみだった。クリスマス時期で、4位以降はクリスマス・アルバムが占め、マイケル・ブーブレの『Christmas』(2011年)が4位、マライア・キャリーの『Merry Christmas』(1994年)が5位、ナット・キング・コールの『The Christmas Song』(1963年)が6位、キャリー・アンダーウッドの『My Gift』(2020年)が7位、ペンタトニックスの『The Best Of Pentatonix Christmas』(2019年)が9位、ヴィンス・ガラルディ・トリオの『A Charlie Brown Christmas』のサウンドトラック(1965年)が10位をマークした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報