マット・ソーラム、ガンズ加入のきっかけを作ったラーズ・ウルリッヒの誕生日を祝福

ツイート

ドラマーのマット・ソーラムが、友人、メタリカのラーズ・ウルリッヒの誕生日(12月26日)を祝い、彼との友情を振り返った。ソーラムは、ガンズ・アンド・ローゼズに加入できたのはウルリッヒのおかげだと考えているそうだ。

◆マット・ソーラム、ラーズ・ウルリッヒ画像

「俺の31年来の友人、ラーズ・ウルリッヒ、誕生日おめでとう…俺らは、ザ・カルトが『Justice For All』のツアーでオープニングを務めたときに出会い、ツアー中、ロックンロールな夜をいっぱい過ごした。ザ・カルトは6ヶ月近くそのツアーに参加し、あのアドベンチャーはクレイジーだった。いまだに俺の頭から離れない。俺らはその後も親しくしていて、GNRに加入するよう俺の電話番号をスラッシュに伝えてくれたのはラーズだった。もちろん、あの壮大なGNR、メタリカのスタジアム・ツアーは伝説となった。音楽が素晴らしかったのは言うまでもなく、何よりも彼は常に友人であり続けてくれた」

ソーラムは80年代終わりにザ・カルトに加入。1990年、スティーヴン・アドラーの後任、2代目ドラマーとしてガンズ・アンド・ローゼズに加入した。7年間在籍し、サード『Use Your Illusion I』(1991年)から『"The Spaghetti Incident?"』(1993年)まで3枚のスタジオ・アルバムを制作し、脱退後はスラッシュ、ダフ・マッケイガンとヴェルヴェット・リヴォルヴァーで活動を共にした。

ラーズはこの日、57歳になった。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報