メタリカのラーズ・ウルリッヒ「次のアルバムは最高傑作」

ツイート
Photo by Anton Corbijn

メタリカのラーズ・ウルリッヒ(Ds)が、制作中のニュー・アルバムについて「これまでで最もヘヴィで最もクール」になると明言した。次は最高傑作と思えなければ、やり続ける意味がないという。

前々作『Death Magnetic』(2008年)発表前には、「いままで聴いた限りでは気に入ってる。俺はさ、“新作はこれまでの最高傑作だ。前よりへヴィでいいぜ”なんて売り込みするタイプじゃないからな。そんなアホらしいこと信じちゃいないぜ」と発言していたこともあるラーズだが、年月を経て考えを一新したようだ。

最近、『Classic Rock』誌にこう話した。「(新作は)最もヘヴィで最もクールだ。でも、冗談抜きで、もし最高傑作はこれからだって思ってなかったら、なぜやり続ける? 俺らはメタリカの制作過程を愛してる。俺らがアルバムを作るのを止めるなんて、俺には想像しがたい」

メタリカは、5枚目のスタジオ・アルバム『Metallica』(1991年)から最新作『Hardwired... To Self-Destruct』(2016年)まで6作連続で全米1位を獲得。メタル・バンドでは最多の快挙を遂げている。

ラーズは先月、バンドは新作に向け「かなり真剣なライティング・セッション」を行っていると伝えていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報