2021年注目の新人リスト<Sound Of 2021>、3~5位発表

ツイート


▲Berwyn「GLORY」


英国の公共放送BBCが毎年発表している、その年ブレイクが期待される新人リスト<Sound Of…>の2021年度の3~5位が発表された。

◆<Sound Of 2021>関連画像

<Sound Of 2021>には、17歳のマルチ・インストゥルメンタリストAlfie Templeman、詩人/ラッパーのBerwyn、トラップ/R&Bの要素を取り込む女性シンガー/ラッパーBree Runway、MCのDutchavelli、“クィア・アイコン”と称されるノルウェー出身のGirl In Red、サイケデリック・ソウル・シンガーGreentea Peng、ポップ・アーティストGriff、ダークでムーディなバラードが称賛されるHolly Humberstone、ラッパーPa Salieu、インディ・バンドThe Lathumsの10アーティストが候補に挙がっている。

この中から5位に選ばれたのは、英国ハートフォードシャー州出身の19歳の女性シンガー・ソングライター、Griffだった。4位にはネオ・ソウル、本人いわく“サイケデリックR’n’B”アーティストのGreentea Peng、3位には9歳のときトリニダードから英国へ移住し、平坦だとはいい難い道を歩みながらも音楽への夢をあきらめなかったシンガー/ラッパーのBerwynが選出された。










<Sound Of…>は2003年に開設され、50セントを初代に、キーン、ザ・ブレイブリー、コリーヌ・ベイリー・レイ、MIKA、アデル、リトル・ブーツ、エリー・ゴールディング、ジェシー・J、マイケル・キワヌーカ、ハイム、サム・スミス、イヤーズ&イヤーズ、ジャック・ガラット、Ray BLK、シグリッド、オクタヴィアン、セレステが1位に選ばれてきた。

19年目を迎えた2021年度は2位が1月6日、1位が7日に発表される。10アーティストから成る今年の候補リストは、ビリー・アイリッシュ、ストームジーらこれまでノミネートされたアーティストらも含む161人の音楽業界の専門家たちの意見をもとにまとめられた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報