サザンオールスターズ、演出において新しい方向性を見せてくれた無観客配信ライブ

ツイート

▲西槇太一

12月31日夜から新年にかけて<サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020 「Keep Smilin’~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ>が配信された。6月25日に開催された<サザンオールスターズ 特別ライブ 2020 「Keep Smilin'~皆さん、ありがとうございます!!~」>以来、半年ぶりの無観客配信ライブだ。

6月の配信ライブは、有観客ライブ開催が困難な時期に「大規模会場からの配信ライブ」という新しいスタイルを提示し、推定視聴者数50万人越えという大きな成果を得た。ファンはもちろん、音楽業界の関係者やアーティストからの反響も大きく、国民的トップバンドが新しい挑戦へ先陣を切ったことに「勇気をもらった」という声を多く聞いたと記憶する。

言うまでもなく、1978年のデビュー以来、サザンオールスターズは常に革新者であり、革命的な作詞作曲の手法や、洋楽ロックと歌謡曲との縦横無尽の融合、ロックバンドによるアリーナ級会場でのパフォーマンスの原型を作るなど、理由は枚挙にいとまがない。6月の配信ライブは、その最新の成果だったが、今回のライブにも、彼らは新しいチャレンジをいくつも盛り込んできた。

タイトルにある“ほぼほぼ年越し”とは、このライブは直前に事前収録されたものが配信されるということ。当日深夜の生配信は会場とその周辺、携わるスタッフの業務にリスクが伴うという配慮と、8月に右肩の手術を受け音楽活動を休止していたドラム・松田 弘にとって、このライブが復帰一発目となることも理由の一つ。結果的に、史上初の“サザンのメンバーがサザンのライブを見ながら元旦を迎える”という特別な年越しが実現することになった。

同時に、事前収録されることで、ライブでありながら、完成度の高い映像作品として作りあげることが可能になった。それが今回の<サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020 「Keep Smilin’~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ>の大きな見どころで、その成果は早速、メンバーがこたつを囲んで軽妙なトークを繰り広げる、冒頭のシーンで確認できる。ライブを今か今かと待つ観客に、軽い肩透かしを食わせてリラックスさせ、おもむろにライブ会場へとカメラが切り替わる。つかみはOKだ。


▲photo:西槇太一


▲photo:関口佳代


▲photo:西槇太一


▲photo:高田梓

1曲目「ふたりだけのパーティ」から始まるセットリストは、70年代~80年代の楽曲を多く含む、長年のファンが狂喜乱舞しそうなもの。ホーンセクションとコーラスを加えた、豊かなバンドサウンドに乗せて、「いとしのフィート」「恋するマンスリー・デイ」など、バンド初期の名曲が次々と登場する。「あっという間の夢のTONIGHT」「夜風のオン・ザ・ビーチ」など、アルバムの中の密かな人気曲といったスタンスの曲にもスポットが当てられる。特に、中盤で披露した「走れ!!トーキョー・タウン」は、シングル「匂艶THE NIGHT CLUB」のカップリングで、ライブではかなりのレア曲。嬉しい驚きだ。

ライブ前半は、バンドの演奏中心にしっかり聴かせる。そして中盤から後半になると、華やかなダンサーたちが登場し、ぐっとショーアップしたパフォーマンスで魅了する。「走れ!!トーキョー・タウン」のロボットダンス。「ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL)」のビキニ姿、「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」の、空飛ぶキャットウーマン(これは有観客だと不可能だろう)。サザンオールスターズのライブが、エロスを含む生命力あふれる「祭り」であることを、ファンは皆知っている。ラストチューン「マンピーのG★SPOT」は、まさに無礼講の祭りそのもの。そこに演者と視聴者の区別はない。


▲photo:西槇太一


▲photo:西槇太一


▲photo:関口佳代

最後にもう一度、「こたつコント」で締めくくる、エンタメ度満点の2時間半。またしてもサザンオールスターズは、無観客配信ライブの演出において新しい方向性を見せてくれた。完成度の高いプログラム作り。無観客大規模会場を十分に使った、通常のライブよりも凝った演出。レア曲もふんだんに盛り込んだ、これまでのライブでなかなか聴けなかったセットリスト。そして配信の最後を締めくくる、全国6か所で打ち上げられた「みんなで上げよう!! 全国Keep Smilin’花火」。もちろん、デビュー42年を超えても未だにみずみずしい、伸びやかでパワフルな演奏の確かさは言うまでもない。

このライブのアーカイブ視聴は、1月7日(木)23:59まで。サザンとともに始める、まだ何も書かれていない真っ白な1年が、今始まった。

文:宮本英夫

<セットリスト>

1.ふたりだけのパーティ
2.My Foreplay Music
3.東京VICTORY
4.いとしのフィート
5.恋するマンスリー・デイ
6.あっという間の夢のTONIGHT
7.君だけに夢をもう一度
8.夜風のオン・ザ・ビーチ
9.LONELY WOMAN
10.Ya Ya(あの時代[とき]を忘れない)
11.愛は花のように(Ole!)
12.走れ!! トーキョー・タウン
13.世界の屋根を撃つ雨のリズム
14.栄光の男
15.はっぴいえんど
16.LOVE AFFAIR~秘密のデート~
17.ボディ・スペシャルII(BODY SPECIAL)
18.エロティカ・セブン EROTICA SEVEN
19.BOHBO No.5
20.マンピーのG★SPOT
[ ENCORE ]
21.希望の轍
22.夕方 HOLD ON ME
23.勝手にシンドバッド

ライブ・イベント情報

<サザンオールスターズ ほぼほぼ年越しライブ 2020「Keep Smilin’~皆さん、お疲れ様でした!! 嵐を呼ぶマンピー!!~」supported by SOMPOグループ>

<日時>2020年12月31日(木)22:00 配信開始(予定)
※公演時間は約2時間半を予定しております(前後する可能性がございます)。
■見逃し配信期間 2021年1月7日(木)23:59まで(予定)
※期間は配信メディアごとに異なる場合、また変更となる場合がございます。
<チケット>
料金:4,500円(税込)
※別途、配信メディアごとに異なる手数料がかかります。
■オフィシャルファンクラブ「サザンオールスターズ応援団」先行販売
2020年11月27日(金)~
オフィシャルファンクラブにてチケットをご購入いただいた方全員に、後日、このライブに参加した記念となるオリジナル特典をプレゼント
■一般販売
2020年12月8日(火)~各配信メディアにて販売中
ABEMA・GYAO!・新体感ライブ CONNECT・PIA LIVE STREAM・Huluストア・U-NEXT・LINE LIVE-VIEWING・ローチケLIVE STREAMING
この記事をツイート

この記事の関連情報