LINDBERG、30周年記念ツアーファイナル「1日も早く普通の生活ができるように祈っています。また会おうね!」

ツイート

LINDBERGが、1月6日、<LINDBERG 30th Anniversary Tour『NO LIND, NO LIFE ?>のツアーファイナル公演を東京LINE CUBE SHIBUYAで開催した。

LINDBERGは2019年4月にデビュー30周年を迎え、2020年に30周年Anniversaryとして『NO LIND, NO LIFE ?』ツアーを開催。昨年11月8日名古屋DIAMOND HALLを皮切りに全国8カ所をまわり、最終日の東京でツアーファイナル公演に約900名のオーディエンスを迎えた。

「恋をしようよYeah!Yeah!」からライブが始まると、拍手がホールを包み込む。LINDBERGが30年のバンドの歴史を振り返るように、数々の作品が披露され会場のオーディエンスと一緒にLINDBERGの30周年をお祝いする暖かい空間に包まれていった。


中盤には、昨年現役を引退した阪神タイガース藤川投手の甲子園登場曲「every little thing every precious thing」を披露。この楽曲は藤川投手が現役時代甲子園で登板する際に流れる登場曲として広く知られている。昨年11月に行われた藤川投手の引退試合セレモニーでの花束贈呈で渡瀬マキがサプライズで登場したエピソードとともに、「この曲をみんなが歌い甲子園が一体となった光景は感動しました」と感謝の気持ちを歌声に響かせた。

後半では「今すぐKiss Me」「GAMBAらなくちゃね」「BELIEVE IN LOVE」などヒット曲を立て続けに披露し、「心の中で歌ってください!」と渡瀬マキが想いを言葉に乗せ、オーディエンスもクラップで応えて盛り上がりも最高潮に。


アンコールでは昨年3月に配信シングルとしてリリースした新曲「~種~」を歌い、「ラストはテーマソングのあの曲です!」とライブの定番曲「LITTLE WING」でオーディエンスと一体となりライブは大盛況のなかラストを迎えた。

「今日は足を運んでくださった皆様、スタッフの皆様、本当にありがとう。1日も早く普通の生活ができるように祈っています。またライブに来てください!また会おうね!」と渡瀬マキが感謝の気持ちを伝え、拍手に包まれるなか30周年のツアーファイナル公演は幕を閉じた。

配信情報

<LINDBERG 30th Anniversary Tour?『NO LIND, NO LIFE ??』>
2021年1月6日(水)東京LINE CUBE SHIBUYA
セットリスト01.恋をしようよYeah!Yeah!
02.赤い自転車
03.会いたくて -Lover Soul-
04.JUMP
05.もっと愛しあいましょ
06.Over The Top
07.every little thing every precious thing
08.I MISS YOU
09.MODERN GIRL
10.君のいちばんに…
11.POWER
12.今すぐKiss Me
13.GAMBAらなくちゃね
14.BELIEVE IN LOVE
ENCORE
15.~種~
16.LITTLE WING
この記事をツイート

この記事の関連情報