『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』、半世紀を経て突如日本初公開&ライブシーン動画解禁

ツイート

土星出身の宇宙音楽王サン・ラー脚本、音楽、主演による映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』のライブシーン動画が満を持して解禁となった。

◆『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』 関連動画&画像


今回解禁となった動画は、1943年のシカゴに降り立った大宇宙議会・銀河間領域の大使サン・ラーが、半裸の女性が躍る「バイロンズ・オブ・シカゴ」店内でサニー・レイという名前でピアノを演奏しているシーンから始まる。軽やかな演奏に合わせ、女性ダンサーグループ「エボニー・ステッパーズ」が登場するが、途端、サン・ラーは自分の世界に入ったかのごとく、独自の演奏を始める。宇宙船の推進力でもある音楽のソウル・パワーを秘めたその演奏で店内のグラスは弾け散り、観客の帽子が飛び上がり、ミラーボールは砕け散り、人々がパニックに陥る。我先にと出口に向かう観客たち。しかし、素知らぬ顔でサン・ラーは演奏を続ける。ステージ上はどこからか湧いてきた煙に包まれ、ダンサーの胸ははだけ、カーテンは破れ、ピアノが動き出し…。最後にそこに残るのはサン・ラーと、白いスーツに身を包んだ“監視者”の二人のみ。そこから物語は大きく動き出す。

映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』は2021年1月29日(金)よりアップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテにてロードショー公開。また2021年1月29日(金)よりシネマート心斎橋、2月26日(金)よりアップリンク京都でも上映が決定。以降、名古屋シネマテークほか全国順次公開となる。


『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』

2021年1月29日(金)よりアップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテ、シネマート心斎橋にて
2月26日(金)よりアップリンク京都にて公開
以降 名古屋シネマテーク、川越スカラ座ほか順次

監督:ジョン・コニー 脚本:ジョシュア・スミス、サン・ラー 製作:ジム・ニューマン 撮影:セス・ヒル、パット・ライリー 音楽:サン・ラー 音:ロバート・グレイヴノア、デヴィッド・マクミラン、アーサー・ロチェスター、ケン・ヘラー 編集:バーバラ・ポクラス、フランク・ナメイ
出演:サン・ラー、レイ・ジョンソン、クリストファー・ブルックス、バーバラ・デロニー、エリカ・レダー、ジョン・ベイリー、クラレンス・ブリュワー
1974年|アメリカ映画|81分|スタンダードサイズ|モノラル|北アメリカ恒星系プロダクション作品|原題:SPACE IS THE PLACE(宇宙こそ我が故郷)

STORY:1969年頃に地球から姿を消していた大宇宙議会・銀河間領域の大使サン・ラーは音楽を燃料に大宇宙を航行するなか、遂に地球と異なる理想の惑星を発見した。さっそく地球に戻り、ジャズのソウル・パワーによる同位体瞬間移動で米国にいる黒人のブラザーたちの移送計画を立てるが、その技術を盗もうとアメリカ航空宇宙局(NASA)の魔の手が迫る……。

◆『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報