小曽根真、60歳記念のソロ・ピアノAL『OZONE 60』を3月3日発表

ツイート

ジャンルを超え世界規模での活躍を続ける小曽根真。

◆小曽根真 関連画像

ジャズ・ピアニストとしての第一線での活動のかたわら、国内外の主要クラシック・オーケストラとの共演を積極的に果たしてきた。来る3月に還暦を迎えるにあたり、完全ソロ・ピアノ作品としては13年ぶりとなるアルバム『OZONE 60』を2021年3月3日(水)にリリースすることが発表された。

録音は昨年11月末~12月頭にかけて、国内屈指のクラシック・ホール「水戸芸術館 コンサートホールATM」にて実施。極上の響きの中、スタインウェイD型とヤマハCFXという2台のグランドピアノを曲により弾き分け、ジャズとクラシックの両分野で活躍する小曽根の魅力を2枚のディスクに余すところなく真空パックしたものとなっている。

クラシック・サイドでは、モーツァルト、ラヴェル、プロコフィエフの名曲を即興演奏を織り交ぜて演奏。一方、「SONGS」と題するジャズ・サイドでは、書き下ろしの新曲をメインに、今回アルバム初収録となる9曲で構成。2台のピアノのためのオリジナル曲や即興演奏を、スタインウェイ+ヤマハで多重録音したナンバーも収録している。収録曲の詳細は後日発表。

小曽根は、60歳の誕生日である3月25日の東京・サントリーホールでの初リサイタル公演を皮切りに、1年かけて全国都道府県を回るソロ・ツアーを開催する。

また、新作のリリースに合わせ、近年入手困難だった1994年の『ブレイクアウト』から2010年の『ロード・トゥ・ショパン』までのオリジナル・アルバム15タイトルが、高音質SHM-CD仕様でプライスダウン再発売される。


『OZONE 60』

2021年3月3日(水)発売
SHM-CD仕様 UCCJ-2190/1 4,400円(税込)
Verve/ユニバーサルミュージック
CDご予約: https://store.universal-music.co.jp/product/uccj2190/

カタログ再発 OZONE 1994-2010

2021年3月3日(水)発売
全15タイトル SHM-CD仕様 各1,980円(税込)
Verve/ユニバーサルミュージック
CDご予約: https://store.universal-music.co.jp/artist/makoto-ozone/

■ラインナップ
小曽根 真 『ブレイクアウト』(UCCJ-4163)
小曽根 真 『ネイチャー・ボーイズ』(UCCJ-4164)
小曽根 真THE TRIO 『ザ・トリオ』(UCCJ-4165)
小曽根 真THE TRIO 『スリー・ウィッシズ』(UCCJ-4166)
小曽根 真THE TRIO 『ディア・オスカー』(UCCJ-4167)
小曽根 真THE TRIO 『ノー・ストリングス・アタッチト』(UCCJ-4168)
小曽根 真THE TRIO 『パンドラ』(UCCJ-4169)
小曽根 真THE TRIO 『ソー・メニ―・カラーズ』(UCCJ-4170)
小曽根 真 『トレジャー』(UCCJ-4171)
小曽根 真THE TRIO 『リボーン』(UCCJ-4172)
小曽根 真THE TRIO 『新世界』(UCCJ-4173)
小曽根 真THE TRIO 『REAL』(UCCJ-4174)
小曽根 真 『フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン』(UCCJ-4175)
小曽根 真 『ロード・トゥ・ショパン』(UCCJ-4176)
小曽根 真&塩谷 哲 『デュエット』(UCCJ-4177)

小曽根真 60TH BIRTHDAY SOLO<OZONE 60 CLASSIC x JAZZ>

3月25日(木)東京:サントリーホール大ホール
3月27日(土)名古屋:愛知県芸術劇場コンサートホール
3月28日(日)秋田:アトリオン音楽ホール
4月3日(土)大阪:ザ・シンフォニーホール
5月22日(土)福岡シンフォニーホール
5月25日(火)盛岡:キャラホール・津南公民館
他、順次発表

◆小曽根 真 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報