アクセル・ローズ、椅子を貸してくれたお返しにデイヴ・グロールにギターをプレゼント

ツイート

アクセル・ローズは、2016年春に足を負傷した際、フー・ファイターズのデイヴ・グロールから特製の椅子を拝借し、ガンズ・アンド・ローゼズのツアーを続行したが、そのお返しにグロールへギターをプレゼントしていたそうだ。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

グロールはその前年にステージから転落し、足を骨折。座ったままパフォーマンスできるようロックなデザインのチェアを特注し、しばらく公演で使用した。これまでアクセルほか、Old Dominionのメンバーにも貸し出している。

グロールは『Classic Rock』のインタビューで、その椅子(通称ギター・スローン・チェア)についてこう語った。「アクセルがガンズ・アンド・ローゼズのツアーで借り出し、AC/DCのときも持ち出した。そしたら突然、俺はツアー中に骨折したら訪ねるべき男になった。“Thrones R Us”ってとこだな」

そして、アクセルから素晴らしいお返しがあったと明かした。「彼はスラッシュに俺向けのギターを選ぶよう託した。それで、彼は60年代初期のGibson ES-335 Dotを選んでくれたんだ。俺がこれまでプレイしてきた中で最高にナイスなギターだ。ものすごく思いやりがあり品のいい振る舞いだ。本当に有難かったよ」

椅子は、ダフ・マッケイガンから連絡があり、貸し出すことになったという。アクセルは当時、「ロック・スローンを使わせてくれたデイヴ・グロールに大感謝! 素晴らしい振る舞いだ! 言葉じゃ言い尽くせない!! えらい違いだ!」とつぶやき、グロールに感謝していた。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報