Moogのアナログ・ボコーダーが信頼性・耐久性を向上させ復活、「16 Channel Vocoder」リリース

ツイート

Moogが1978年に発売したパッチ可能な16バンドのアナログ・ボコーダーが復活。「16 Channel Vocoder」が発売中だ。


オリジナル・ヴィンテージ回路図を踏襲した「16 Channel Vocoder」のアナログ回路は、ノースカロライナ州アッシュビルにあるMoog工場で、ハンドメイドによりはんだ付けされ、1978年当時のクラシックサウンドを再現している。アナログならではのサウンドと唯一無二の特性はそのままに、新たなメカニカル・コネクタと最新のパワー・サプライにより、信頼性と耐久性を向上させている。


人間の声の基本的なスペクトル特性を最適にエンコードするために、50~5080Hzの範囲において、パッチ可能な16バンドを備えた「16 Channel Vocoder」。DIRECTモードでは、5080Hz以上の周波数成分をボコーダー出力に追加することで、よりクリアなボコーダーサウンドが得られる。パーカッシブ・サウンドの高速なノイズ捉えるのにも役立つ。

マイク入力時にSAMPLE/HOLDスイッチをINにセットすると、スイッチをOUTに戻すまでの間、その音のキャラクターを維持。息継ぎによる途切れのないボーカル・フレーズを演奏したい時に便利に使える。リモート・フットスイッチでコントロールできるのも見逃せない。


付属のパッチコードを使用すれば、このパワフルなボコーダーを他のアナログ機器と接続可能。また、クロス・パッチングをすることで、プログラム信号(マイクからの声)の好きな周波数の信号を、キャリア信号(シンセサイザーやキーボードなど)の好きな周波数帯に乗せることができる。

BALANCEノブは高周波成分と低周波数成分を好みに合わせて調節するもの。ポジションが0では高周波数成分と低周波数成分がほぼ同じ量に。HISS側に回せばより高周波数成分がメインとなり、BUZZ側に回せば低周波数成分が多いサウンドになる。

本体サイズは440×389×178(W×D×H)mm。本体のサイドパネルの前後を逆にして取り付ければ、19インチ・ラックに組み込むことが可能だ。


製品情報

◆Moog 16 Channel Vocoder
価格:1,000,000円(税別)
発売中

<おもな仕様>
プロセッサー・タイプ:ボコーダー
アナログ/デジタル:アナログ
チャンネル数:16
形態:デスクトップ/ラックマウント
機能:ボコーダー(サンプル/ホールド、外部パッチ、ヒス&バズ)
エフェクト:ボコーダー(サンプル/ホールド、外部パッチ、ヒス&バズ)
アナログ・インプット:キャリア・オーディオ×1、プログラム・オーディオ×1、フィルター・バンドCV×16、フットスイッチ×3(サンプル/ホールド、パッチ・セレクト、バイパス)
アナログ・アウトプット:メイン・アウトプット×1、フィルター・バンドCV×16
電源:外部パワー・サプライ(入力:120/240VAC、出力:12VDC @3A)
消費電力:16W @12VDC
付属品:電源コード×1、電源アダプター×1、パッチ・コード(ショート)×14、パッチ・コード(ロング)×2
外形寸法:440(W)×389(D)×178(H)mm
質量:7.9kg
この記事をツイート

この記事の関連情報