ベリーグッドマンが<TEPPAN TOUR>完走、東京で追加公演開催

ツイート

ベリーグッドマンが、2020年12月にスタートしたツアー<TEPPAN TOUR 2020-2021 〜改めて言うよ、出会えて良かった〜>の大阪公演を1月9日、10日にグランキューブ大阪 メインホールにて行った。

◆ライブ画像

2019年秋、大阪・舞洲スポーツアイランド 空の広場で行われた<“TEPPAN”発売&結成7周年記念・超好感祭2020~ドライビングパーティー編~>を経ての有観客ライブとなった今回のツアー。政府が発表した新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドラインに沿って、会場の収容率は50%以下に設定され、徹底した感染拡大対策のなかで細心の注意を払って実施された。




大阪公演2日目は、2019年にリリースされたアルバム『TEPPAN』よりハイテンポな「No Live, No Life」で幕開け。本編14曲披露後のアンコールでは、リーダーのRoverがファンへの感謝を丁寧に伝えながら、2月20日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで追加公演を開催することを発表した。

「日頃報道などで伝えられている通り、現在も新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない状況が続いております。このコロナ禍の状況でライブというものに対して様々な意見がある中ではありますが、僕たちは少しでも可能性があるなら前向きに考えていきたいと判断しまして、まだ会いに行けていない関東で、来月2月20日(土)に東京LINE CUBE SHIBUYAにてTEPPANツアーの追加公演を行う事を決定いたしました。本来であればいつもの様に映像などで告知したかったですが、今回は僕たちの口から直接皆さまへお伝えしたいと思いこの様な形を取らせていただきました。来月末とはいえ、もちろん今後の感染拡大の状況により、開催が困難と判断される場合には公演を中止する可能性もございます。正直なところ、利益だけを考えたらこの公演はやらないほうがいいとも考えましたが、それでも僕たちはライブができる状況が整うのであれば、それに向けて皆さまの安全を第一に考えつつ、僕らの歌でみなさんに元気をお届けする選択しました。実施する以上は政府から発表されているガイドラインに沿って、スタッフ・僕らメンバーは皆さまに安心してご来場頂けるよう万全の体制を整えて参ります。コロナが収束に向かって、皆さんと元気でお会いできる事を楽しみにしています。」──Rover

新型コロナウイルス感染症が拡大するなかでも、常にファンのことを考え、エンターテインメントの中で奮闘し続けるベリーグッドマンらしい直球勝負の言葉に会場からは大きな拍手が。また、公式Instagramでの生配信(アンコールパートのみ)では、「口で伝えてくれる優しさ」「決断ありがとうございます!」「この状況でも前向きに検討してくれている(涙)」など、前向きなコメントが寄せられた。


撮影◎渡邉一生

セットリスト

<TEPPAN TOUR 2020-2021 〜改めて言うよ、出会えて良かった〜>2021年1月10日(日)大阪・グランキューブ大阪 メインホール
M1.No Live, No Life
M2.Future
M3.ライトスタンド
M4.Color
M5.ベリーグッド
M6.ライオン
M7.ダイヤモンド
M8. STAY GOOD
M9.おとん〜yat〜
M10. Supernova (KSUKE Remix)
M11.Trip
M12.TTS
M13.友達の歌
M14.Dreamer

En1.Good Time
En2.#みんなと作った卒業ソング
En3.ファンファーレ
En4.アイカタ

<TEPPAN TOUR 2020-2021 FINAL 〜改めて言うよ、出会えて良かった〜>

2021年2月20日(土)東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
OPEN17:00/START18:00
チケット:¥6,800(税込)
一般発売日:2021年2月6日(土)10:00〜

この記事をツイート

この記事の関連情報