ヒップホップ誕生の歴史を記録した伝説のドキュメンタリー、40年の時を経て日本劇場初公開

ツイート

ヒップホップ黎明期を記録したドキュメンタリー映画『Style Wars』が 2021年3月26日(金)渋谷ホワイトシネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショーが決定した。

◆『Style Wars』 関連動画&画像


本作は、1970~80年代初頭のNY・サウスブロンクスで生まれたスプレー・アート“グラフィティ”をテーマに取り上げ、ラップやブレイキン(ブレイクダンス)など、のちに“ヒップホップ”として人々を魅了するカルチャーの生まれ落ちる瞬間フィルムに捉えた貴重なドキュメンタリー。同時期に制作された『Wild Style』(1982)とともに、ヒップホップヘッズのバイブルとして語り継がれてきたが、日本ではDVDリリースされたものの劇場未公開となっていた。



今回の公開に合わせて、ポスター&予告編が解禁。さらに本作の日本劇場初公開を記念して、日本のヒップホップシーンの立役者・いとうせいこうからコメントが到着した。「こんなフィルムが残ってるなんて!で、今回の生々しい記録でも明らかだが(『ワイルド・スタイル』でもわかる)、この頃のヒップホップ界隈にはヒスパニック系なども多かったのだ。こうした人種の、起源での混在は何度強調しても足りない。」とヒップホップカルチャーの起源のリアルな姿に驚嘆するコメントが届いた。



製作から40年近くが経った現在、登場する無名の少年たちは、バスキアやキース・へリング、バンクシーなどのアーティストへとバトンを繋ぎ、グラフィティアーティストたちが「作品」を手がけるように。さらには世界中のミュージシャンがラップを当たり前のように楽曲に取り入れ、ブレイキンが2024年パリ五輪の追加競技種目にも決定した。今ではメジャーカルチャーとなったヒップホップがどう誕生したのか、当時の瑞々しい空気感を映画館で体験できる1本と言えるだろう。

■せいこう(作家・クリエーター)コメント

こんなフィルムが残ってるなんて!で、今回の生々しい記録でも明らかだが(『ワイルド・スタイル』でもわかる)、この頃のヒップホップ界隈にはヒスパニック系なども多かったのだ。こうした人種の、起源での混在は何度強調しても足りない。


『Style Wars』

2021年3月26日(金)渋谷ホワイトシネクイント、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
監督:トニー・シルバー プロデューサー:トニー・シルバー、ヘンリー・シャルファント
キャスト:Skeme、Min、Seen、Dondi、Zephyr ほかグラフィティライター、Rock Steady Crew、Dynamic Rockers
1983年/アメリカ/70分 配給・宣伝/シンカ
(C)MCMLXXXIII Public Art Films, Inc. All Rights Reserved

◆『Style Wars』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報