マイケル・アンソニー、エドワードが亡くなった直後「アレックスと少し話した」

ツイート

残念ながら、エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなる前に彼と話す機会がなかったと明かしていたマイケル・アンソニーだが、エドワードの死後、アレックス・ヴァン・ヘイレンとは久しぶりに言葉を交わしたという。

アンソニーは米ミズーリ州セントルイスのラジオ局KSHE 95のインタビューで、エドワードが亡くなってから彼の息子ウルフギャングと話したかとの質問に、こう答えた。「いや、まだウルフギャングとは話していない。彼らと話す気分じゃなかった。アレックスとは少し話したよ。エディが亡くなった直後にね。でも、僕は彼らのプライバシーを尊重したかったんだ。ウルフィ(ウルフギャング)とは何度かテキスト・メッセージでやり取りした。問題は何もないよ」

そして、アレックスとのいまの関係を問われると、こう続けた。「エドが亡くなった後、僕ら、少し話したけど、アレックスはとても悲しんでいて、言ってみれば、殻にこもっていた。だから、僕はそのままにしておいたんだ。間違いなく、僕らはこの先どこかの時点で再び話をするだろう。集まることになるかもしれない」

ヴァン・ヘイレンが数年前、アンソニーとのリユニオン・ツアーを計画したとき、彼に連絡してきたのはマネージメント会社だったという。

アンソニーは最近、別のインタビューで、エドワードと最後に話したのはいつかと問われ、「僕ら、(長い間)話してなかった。残念なことに、そういう機会はなかったんだ。わかると思うけど、僕はそれが心に引っかかってる。僕らの間には問題があって、それらが解決されることはなかったわけだから」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報