キッス、大晦日公演の火炎ハイライト・シーンを公開

ツイート

キッスが、大晦日(12月31日)ドバイで開催し世界に配信した特別公演<KISS 2020 GOODBYE>で披露した壮大なパイロテクニクスの新たなハイライト映像を公開した。

◆キッス動画、画像

バンドは公演後、このパイロテクニクスにより、ミュージック・コンサートにおける最も高さのあるフレイム(火炎)・プロジェクションおよび同時に打ち上げられた最多のフレイム・プロジェクションでギネス世界記録を樹立したと発表していた。ギネス世界記録によると、その高さは35メートル、数は73だったという。

パイロだけで100万ドルを費やしたと言われる。また、パイロのみならず、250ft(約76.2メートル)のステージ、50台以上の4Kカメラが設置され、総額1,000万ドルをかけたキッス最大規模の公演となった。




彼らはこの夜、「Detroit Rock City」「Shout It Out Loud」「Deuce」「Say Yeah」「I Love It Loud」「Heaven's on Fire」「Tears Are Falling」「War Machine」「Lick It Up」「Calling Dr. Love」「100,000 Years」「Cold Gin」「God of Thunder」「Psycho Circus」「Parasite」「Love Gun」「I Was Made for Lovin' You」「Black Diamond」「Beth」「Strutter」「Do You Love Me」「Rock and Roll All Nite」の22曲をパフォーマンスした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報