井出靖、アフリカ・バムバータとのコラボ作発表

ツイート

井出靖が、昨年11月に8年振りにリリースした新作『Cosmic Suite』が国内はもとより海外での評価も高い中、早くも新曲をリリースする。

◆井出靖&アフリカ・バムバータ 関連画像

その名の通り、まさに組曲となっている『Cosmic Suite』の中から、今回は“Jazz Part”のトラックを使用し、生きる伝説アフリカ・バムバータとのコラボレーションが実現した。

ジェフ・ミルズによるエレクトロニクス、日本を代表する名ドラマー山木秀夫、上原ユカリ裕、ICCHIEのトランペット、元晴のサックス……エレクトロなフリー・ジャズとも言えるこのトラックに、バンバータによるポエトリー・リーディングに通じるラップは、クールかつPファンクにも通じるファンクネスを感じさせよう。そしてAfrika Bambaataa & Soul Sonic Forceに通じるロボティックなコーラスも白眉。Bambaataa Versionについて特筆すべきは、ヒップホップのオリジネーターのひとりである彼ならではトラックに対するアイデアだ。よりファンキーさを出すために全体のテンポを落としたトラックを作り、そこにラップを乗せた。それはあたかも見知らぬレアなジャズ・ファンクの曲をディグして自らがプレイしたように。

また井出が手掛けたFreedom Jazz Dance Versionに関しては、SUN RAのポエトリー・リーディング・アルバムを意識して、あえてコーラス・パートを減らし、 よりシンプルにバムバータのクールな世界を構築した仕上がりになっている。こちらはオリジナル・テンポに乗せたスピーディなポエトリーなフリー・ジャズだ。まさに、タイムレスなCosmic Jazz Funk Rapの誕生と言えよう。


■井出靖 コメント

Afrika Bambaattaaとの出会い。それは突然の出来事だった!

編み物☆堀ノ内さんが編んだバムバータのPlanet Rockのセーターを見せて頂いたときに、その素晴らしさに感激し、僕がそのセーターをあてた1枚の写真をInstagramのストーリーにアップした。@afrika_bambaata_officialとタグ付けして。するとほどなく僕に一通のメッセージが!
「このセーターは見たことがない。」まさかなバム先生からの直メッセージだった。
セーターについての説明から始まり、リスペクトの気持ちを書いたり、僕が所有しているバム先生のレアなフライヤーの画像を送ったり、そんなやり取りをしたりするようになったある日、僕は完成したばかりの新作「Cosmic Suite」の音源を送った。「もし音楽を気に入ってくれたら、このアルバムの新たな展開に参加して欲しい」と書いて。


暫く音沙汰がなく、それは無理だよな、と諦めていた頃、バム先生から、「一緒に録音しよう!」とメッセージが入った。マネージメントとのアドレスと共に。

こうして完成したのがI'm Thinking, I'm Spacingだ。信頼している仲間たちに聞かせたら、皆、「素晴らしい!」「カッコいい」 と賛辞を頂いた。


僕自身も、フレッシュでマスターピースとなる作品に仕上がったと思っている。

        

「 I’m Thinking,I’m Spacing」

2021年3月26日(金)リリース
7inch single 品番:GRGAE0024 販売価格:¥1,800-+tax
(Side A) I'm Thinking, I'm Spacing Part.1(Afrika Bambaataa 7inch Version)

(Side B) I'm Thinking, I'm Spacing Part.2(Afrika Bambaataa 7inch Version)

CD 品番:GRGA0110 販売価格¥1,800-+tax
1,I'm Thinking, I'm Spacing (Afrika Bambaataa 12inch Long Version)
2,I'm Thinking, I'm Spacing (Afrika Bambaataa 12inch Long Instrumental Version)
3,I'm Thinking, I'm Spacing(Freedom Jazz Dance Long Version)
4,I'm Thinking, I'm Spacing(Freedom Jazz Dance Long Instrumental Version)

◆Grand Gallery オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報