ティム・ボガート、死去

ツイート

ヴァニラ・ファッジのオリジナル・メンバーの1人、ベーシストのティム・ボガートが、1月13日、76歳で永眠した。

同バンドで活動を共にした旧友のカーマイン・アピス(Ds)がFacebookを通じ、「僕の真の友、ティム・ボガートが今日亡くなった」と訃報を伝えた。「彼は僕にとってブラザーのような存在だった。50年以上に渡る友人だった。彼は唯一無二のベース・プレイヤーで、世界中のたくさんのたくさんのベース・プレイヤーたちに影響を与えた」「ティムはすごいインテリで、それゆえに僕らは彼を“スポック”と呼んでいた。どんなことを尋ねても、彼は何かしら知っていた」と、ミュージシャン/個人両方の面からボガートを称え、「僕はティムのことを兄弟のように愛していた。僕はこの先の人生でものすごく彼を恋しく思うだろう。彼に電話し、冗談を言い合ったり、音楽や僕らが共にした素晴らしい日々について話すのがもうできないなんて寂しい」と、その死を偲んだ。

ボガートは、60年代後半、ヴァニラ・ファッジの5枚のスタジオ・アルバムを制作。70年に脱退後、アピスとカクタスを結成し、またベック・ボガート&アピスとして活躍。その後もアピスをはじめ、グレイトフル・デッドのボブ・ウェア、ギタリストのリック・デリンジャーらと活動を続けた。

突然の訃報に、キッスのポール・スタンレー、ミスター・ビッグのビリー・シーン、マイク・ポートノイ、スティーヴ・スティーヴンス、ルディ・サーゾ、ブルー・オイスター・カルトのエリック・ブルームらから追悼の言葉が挙がっている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報