櫻井翔、クラリチン新CMでパッケージの中に登場

ツイート

櫻井翔が引き続きCMキャラクターを務める大正製薬株式会社のアレルギー専用鼻炎薬「クラリチン(R)EXシリーズ」の新テレビCM『どっちも大事』篇が1月25日(月)より全国で放送される。

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチン(R)EX」および「クラリチン(R)EX OD錠」は、1月16日(土)よりOTC医薬品分類が第1類医薬品から第2類医薬品へ移行。これにより、同製品は薬剤師不在の店舗や時間帯でも購入することが可能となった。

これにともない放送される新CMはドラッグストアが舞台。花粉などによる鼻みず、鼻づまり、くしゃみで悩む男女が店頭で花粉の薬を選んでいると、「クラリチン(R)EXシリーズ」のパッケージの中に姿を現した櫻井が、「1日1回1錠でずっと効くのに眠くなりにくい」という「クラリチン(R)EXシリーズ」の特長を紹介してくれるというストーリーになっている。

新CMの冒頭部分、幅12cm、高さ7.7cmほどの中に草原と青空が描かれた「クラリチン(R)EX」のパッケージの中から櫻井が登場するという設定のシーンの撮影では、「商品のパッケージの中に入るのって初めてじゃないかな」と語った櫻井。セット内で宙に浮かぶ巨大な「クラリチン(R)EX」のロゴをくぐり抜けながら行う演技には、「(撮影の合間にモニターでチェックしたら)クラリチンのパッケージの中に自分がいるのが、すごく不思議な感じがしました」と感想を述べていた。

撮影終了後、「1日1回1錠で眠くなりにくい、眠くなりにくい、眠くなりにくいと言っていたら、眠くなる間もなく、(撮影が)終わっちゃいましたね(笑)」と、順調に進んだ撮影を振り返った櫻井。「語りかけるCMだったので、なるべく言葉が伝わるように、メッセージが伝わるようにとやったつもりです」と、セリフの言い回しに細心の注意を払っていた彼だが、セリフ回しと同様にこだわったのが、CMの最後に「花粉にはこれ!」と言いながら顔の横に掲げる「クラリチン(R)EX」のパッケージの位置と角度だった。

櫻井は「クラリチン(R)EX」の光沢のあるパッケージがスタジオの照明に照らされて反射しすぎないように、自分を撮っているカメラのレンズに映る姿を見ながら、自ら位置と角度を微調整して撮影に臨み、その様子に気付いた撮影監督からは「櫻井さんのこだわりはすごい!」と感嘆の声が上がった。

さらに、「クラリチン(R)EXの発売開始日が、(2017年の)1月25日ということで、あ、誕生日がいっしょだ!と思いました」と語った櫻井。意外な共通点が見つかったが、新CMのオンエアにあわせて、1月25日(月)より櫻井がデザインされたオリジナルQUOカードなどが当たる「クラリチン 春のプレゼントキャンペーン」が実施されることも決定している。詳細は「クラリチン(R)EXシリーズ」のブランドサイトで、1月25日(月)以降にチェックしてほしい。

■CM情報

タイトル:「クラリチン(R)EXシリーズ」新TV-CM『どっちも大事』篇(30秒・15秒)
2021年1月25日(月)より全国で放送開始
ブランドサイト:https://brand.taisho.co.jp/claritin/
この記事をツイート

この記事の関連情報