新井ひとみ、念願の初ワンマンで80年代アイドルヒット曲多数披露

ツイート

新井ひとみが1月17日にソロ初となるワンマンライブ<あっぱれ!ひとみフェスティバル 1回目 〜初めてのワンマンライブ〜>を開催した。新井ひとみはソロ活動の目標にワンマンライブの開催を掲げており、デビューしておよそ1年で実現する形となった彼女に、ファンからは喜びの声が寄せられた。

◆ライブ画像

開演がスタートすると、カラフルなミニパニエが印象的のフリル満点の衣装で新井ひとみが登場。温かい拍手で迎えられ、デビューシングル「デリケートに好きして」を披露した。この楽曲には“親衛隊”と呼ばれる彼女のファンとともに考案した曲中の“合いの手”があるのだが、この日は声を上げての観覧は禁止。観客はペンライトと拍手、そしてメガホンを叩きながらパフォーマンスを盛り上げる。続く2曲目。ライブの準備体操でお馴染みの「ひとみ、降臨。」を披露。「肩甲骨」という言葉が中々でてこず、思い出そうと必死ないつもの新井ひとみに会場はさらに温かな雰囲気に飲み込まれていった。

そしてここからは新井ひとみが自らセレクトした、青春時代を回顧する新井ひとみヒットメドレーを披露。「センチメンタルジャーニー」や「私がオバさんになっても」など、80年代のアイドルヒット曲を中心に彼女の憧れだった曲の数々をパフォーマンスしていった。MCでは「1週間前からずっとずっと緊張してたけど、親衛隊のみんなに会えてすっごく嬉しいです!」と語り、親衛隊への感謝を伝えた。


その後、キャプテンサンタの80年代風衣装を身にまとった大親友・メイコ(庄司芽生)がお祝いに駆けつけた。微笑ましい2人の掛け合いに親衛隊も和んだも束の間、メイコの衣装を羨んだ新井が会場を抜け出し、キャプテンサンタのトレーナーをライブ中に買いに行くという前代未聞の状況に。1人取り残されたメイコは、大親友の初舞台が中断されないよう、その場つなぎに最近よく聞くという東京女子流のヒットメドレーを急遽DJでパフォーマンス。なんとかライブも続行され、むしろ会場はひときわ盛り上がりを見せた。そして今回の主役・新井ひとみがキャンプテサンタを着用して会場に戻ってからは、大親友のメイコとともに「灼熱のサマー」「渚の『・・・・・』」を披露。

すっかり本来のライブに戻ったと思いきや、「火星が呼んでる……」と謎の発言を残し、再び姿を消してしまった新井ひとみ。場つなぎもすっかり慣れたメイコのMCにやはり救われ、その間に白のクラシックな衣装にチェンジし、新井ひとみが再び登場。ラストには、2020年11月に発売した「時には昔の話を」を歌唱した。

新井ひとみは、「親衛隊のみなさんから勇気と元気をもらいました。本当はまだまだ歌いたい曲があったので、また披露したいと思います!」と今後のワンマンに向けても熱い意気込みを語り、満足そうな表情で舞台を後にした。今回のライブは新井ひとみのソロ活動にふさわしい、一瞬たりとも目が離せない展開のワンマンライブであった。

セットリスト

1.デリケートに好きして
2.ひとみ、降臨。
3.センチメンタルジャーニー
4.私がオバさんになっても
5.少女A
6.夢冒険
7.雨
8.部屋とYシャツと私
9.飾りじゃないのよ涙は
10.灼熱サマー
11.渚『・・・・・』
12.時には昔の話を

◆新井ひとみ オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報