小松政夫、遺作となった「エライあんたのロックンロール」MVがお披露目へ

ツイート

小松政夫が生前最後に録音していた楽曲「エライあんたのロックンロール」が、1月23日に開催される<さるハゲロックフェスティバル’21>にてオリジナルのアニメーション動画と共に公開されることが明らかになった。

◆ティーザー映像

今回公開される「エライあんたのロックンロール」は、小松本人が作詞作曲を手がけ、著書『ひょうげもん』の連続ショートアニメの主題歌として制作されたという楽曲。ミュージックビデオの前半には父との思い出を描いた『ひょうげもん』のショートアニメも収められるそうだ。小松の急逝により、当初予定されていた声の出演は叶わなかったというが、映像は本人も生前にチェックしており「喜んでいただいていた」と関係者は語っている。

ミュージックビデオのお披露目の舞台となる<さるハゲロックフェスティバル>は、漫画家・しりあがり寿が主催するイベントで、今回は新型コロナウイルス感染対策のため無観客のオンライン公演として開催されることが決定している。イベントの配信は1月23日18時より開始予定。「エライあんたのロックンロール」の発表に合わせ、作詞家・プロデューサーの相田毅を招いてのトークなども行われるということだ。


<しりあがり寿presents 新春!(有)さるハゲロックフェスティバル’21 未知との接触>

日時:2021年1月23日(土)18:00配信スタート/27:00頃 終了予定
アーカイブ配信期間:〜2021年2月22日(月)23:59
配信チケット価格(税込):3,500円
プレミアム配信チケット(税込/Tシャツ&限定缶バッチ付き): 6,000円
※小松政夫MV公開コーナー(ゲスト:相田毅)は22時台に登場予定

この記事をツイート

この記事の関連情報