ナンシー・ウィルソン「エドワード・ヴァン・ヘイレンにアコースティック・ギターをあげたのは私」

ツイート

ハートのナンシー・ウィルソンは、ソロ・デビュー・アルバムに昨年亡くなったエドワード・ヴァン・ヘイレンへのトリビュート曲(インストゥルメンタル)を収録するという。

◆ナンシー・ウィルソン画像

彼女は、「For Edward」と名づけたこの曲を作った経緯について『All Things Considered』のインタビューでこう語っている。「私は、彼にアコースティック・ギターを贈った初めての人物なのよ。80年代に彼ら(ヴァン・ヘイレン)とツアーしてたとき、彼から“あなたのアコースティック(・ギター)の弾き方、好きだな”みたいなこと言われたの。だから、 “あなたももっとアコースティックをプレイすれば?”って応えたら、“ああ、僕はアコースティック持ってないんだ”って言うのよ。“アコースティックを持ってない? なに?”って驚いちゃった」

そこでナンシーは、エドワードへアコースティック・ギターを贈ったのだという。「次の日の朝早く、ホテルにいたら彼から電話があって、電話越しにとても美しいアコースティック・ギターの小曲をプレイしてくれたの。すごく感動しちゃった。とても美しかったのよ。だから、彼のために美しいトリビュート曲を作って、お返ししようと思ったの」

ナンシー・ウィルソンのソロ・デビュー・アルバムには、サミー・ヘイガー、ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン、フー・ファイターズのテイラー・ホーキンズらがゲスト参加することが明かされており、昨秋の時点で、2月か3月のリリースを予定していると伝えられていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報