Da-iCEの冠バラエティ番組『Da-iCEのヂカン』、レビュー&写真を一挙公開

ツイート
■第2話『SNSマナーのヂカン』


前回に続き、今回もオープニングのアイドリングトークからリラックスした雰囲気のDa-iCEメンバー。小沢“准教授”との笑える掛け合いも、本番組の見どころだ。そして本日の“教授”である心理カウンセラーの浮世満理子が登場、今回のテーマが「SNSのマナー」であることが発表された。

浮世教授がSNSのマナー違反について説明を始めると、神妙な面持ちで聞き入るメンバー。そして教授が出したお題に対して「LINE」で実際にやり取りをする、「ロールプレイ」に挑戦することに。


最初のお題は、「気になっている女の子をデートに誘うとき」。一番手として意気揚々と挑んだ大野雄大だが、低評価をくだされあえなく撃沈。小沢“准教授”からのアドバイスには、メンバー全員が「さすが!経験が違う」と感心の表情を浮かべる。和田颯もこのお題に挑戦する。


続いて「嫌いな上司に飲みに誘われた時の断り方」、「喧嘩した友人と仲直りするとき」というお題に対して順番に挑んでいくメンバー。それぞれのプライベートが垣間見えるようなやりとりが楽しめる。収録を終えた工藤も「メンバーがLINEでやり取りする文章を普段見ることがないので新鮮でした」とコメントしていた。


第2話のスタジオライブでは、6か月連続リリース第2弾楽曲「amp」を披露。本作は海外プロデューサーがトラックを手掛けた緻密でクールなR&Bチューン。「ダンスの評判がすごく良い(工藤)」という言葉通り、5色のバックドロップ、いくつものスタンドライトが置かれたアーティスティックなセットに囲まれた中、一糸乱れぬフォーメーションダンスを繰り出す5人のムーブは圧巻の一言。

冷めた愛情にケリをつける歌詞をアツく歌う、大野と花村の歌も気迫満点だ。「もっと響いてほしい曲(大野)」という言葉もうなずける、Da-iCEのシリアスでかっこいい一面を代表する曲、そしてパフォーマンスだ。







スタジオライブレビュー◎宮本英夫
画像提供◎dTV

『Da-iCEのヂカン』配信概要

配信日時: 毎週木曜22:30〜更新
配信話数: 全13話
出 演:工藤大輝、岩岡徹、大野雄大、花村想太、和田颯、小沢一敬 ほか
番組公式サイト:https://da-ice-time.jp/
番組公式Twitter: https://twitter.com/da_icenozikan
配信・放送サービス:dTV、dTVチャンネル、ひかりTV
コピーライト:(C)エイベックス通信放送

◆第3話『雑学のヂカン』あらすじへ
この記事をツイート

この記事の関連情報