Da-iCEの冠バラエティ番組『Da-iCEのヂカン』、レビュー&写真を一挙公開

ツイート
■第4話『運勢のヂカン』


2020年ラストの配信となった第4話では、Da-iCEメンバーが「運勢」を学ぶ。すべての数字には意味があるという“数意学”を用いた占いで人気の、琉球風水志・シウマ先生をスタジオに招いて運気を占っていく。


シウマ先生はメンバーの携帯番号下四桁の数字を使って数意学をもとに占いを行い「2021年最強運勢男」を決定する。和田颯が「今後がどうなるか知りたい」、工藤大輝が「スピリチュアルには敏感」と、メンバーも興味津々だ。


一番運勢が良かったのは、メンバーが「マイナス要素を言わない」「楽しいけど疲れる」と語る人物だった。工藤大輝は突発的事態に強い特徴を持っていると言われ、無茶振りから全力のモノマネを披露する場面も。最下位のメンバーは破壊のエネルギーを持っているという怖い指摘を受けてしまう。最下位のメンバー以外の4人は来年の運勢がかなり良かったため、最後にまさかの発言も。


スタジオライブでは5thアルバム『FACE』収録、工藤大輝プロデュースによるとびきりポップなダンスチューン「Flight away」が披露された。

本楽曲は、貴重な5人歌唱の代表曲でもある。甘い声の和田、パワフルな岩岡、キレのいいラップも聴かせる工藤と、パフォーマー3人の個性的な歌声に注目だ。いくつものカラフルなフラッグが風に揺れる中、飛行機をイメージした振付や軽やかなステップが目に楽しく、爽やかな曲調が耳に嬉しい。「人生は旅のようなもの」という歌詞のテーマのもと、Da-iCEがナビゲートする楽しい旅へのパスポートのような曲だ。







スタジオライブレビュー◎宮本英夫
画像提供◎dTV

『Da-iCEのヂカン』配信概要

配信日時:毎週木曜22:30〜更新
配信話数: 全13話
出 演:工藤大輝、岩岡徹、大野雄大、花村想太、和田颯、小沢一敬 ほか
番組公式サイト:https://da-ice-time.jp/
番組公式Twitter: https://twitter.com/da_icenozikan
配信・放送サービス:dTV、dTVチャンネル、ひかりTV
コピーライト:(C)エイベックス通信放送

◆第5話『書道のヂカン』あらすじへ
この記事をツイート

この記事の関連情報