デフ・レパードのリック・アレン「暴露本より他の人の助けになる本を書きたい」

ツイート
Photo by Kevin Nixon

自動車事故で片腕を失うという悲劇から立ち直ったデフ・レパードのリック・アレン(Ds)は、自伝に取り掛かるとしたら、ロックの世界の裏話/暴露本ではなく、他の人の助けになるようなものを書きたいという。

『Antihero』のインタビューで、本の執筆を考えたことはあるかと問われた彼は、こう答えた。「出版社から何度か依頼されたことがあるよ。でも、彼らはみんな、ロックンロールの暴露本を望んでた。そういうのは、僕のやりたいことではない。僕は、自分の物語──挑戦、勝利、それに僕にとって回復がどんな意味を持つかについて語ることに興味がある。他の人たちの助けになる本だ。いつか、それに焦点を合わせる日が来ると思うよ」

アレンは1984年末、自動車事故により左腕を切断した。彼は昨秋、『Modern Drummer』のインタビューで、どん底から這い上がることができた原動力についてこう語っている。「事故の後、病院で意識が戻り、自分に何が起きたのかわかった。正直言って、いなくなってしまいたいって思ったよ。もうやりたくないって。そしたら、世界中から手紙が届き始めたんだ。家族、バンド・メンバー、世界中の人たちから励ましを得た。何が起きたのか正確にはわからないけど、僕は人間の心が持つ力を発見し、“自分はできる”って口にしたんだ。集結の力だ。他の人たちから励ましを受け取り、それに応えたいってはっきり思うようになった」。

彼は右腕と足でのドラム演奏を猛特訓し、事故から1年8ヶ月後にステージに復帰した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報