【インタビュー】all at once、『名探偵コナン』テーマ曲収録デビューEPに「僕たちの新しい声」

ツイート

先の見えない時代の闇を突き抜け、どこまでもまっすぐに伸びてゆく二つの歌声──。令和期待の男性デュオ all at onceが、ついにCDデビューを果たす時が来た。

◆all at once 画像 / 動画

1st EP『JUST BELIEVE YOU』は、自身初の配信楽曲「12cm」をはじめ、TVアニメ『名探偵コナン』のオープニング&エンディングテーマを新人ながら同時に担当する快挙を達成した「JUST BELIEVE YOU」と「星合」を含む全5曲。壮大なバラード、ファンキーなダンスチューン、ポップなR&Bなど、様々なジャンルを横断するカラフルな楽曲に、それぞれにソロボーカリスト級の実力者であるITSUKIとNARITOの息の合ったハーモニーを掛け合わせたデビューCDにして集大成と言える作品だ。コロナ禍に翻弄された2020年を経て、希望の2021年へと船出した二人の喜びの声を聞いてみよう。

   ◆   ◆   ◆

■デビューEPのCD発売が決まった時は
■家に帰って一人で泣いちゃいました

──2020年は本当にいろんなことがありましたけど、all at onceとして初めの一歩を踏み出した記念すべき年でした。どんなことが思い出として残っていますか。

ITSUKI:一番嬉しかったことが二つあります。一つ目は『名探偵コナン』のエンディングテーマとして「星合」が放送された日です。「12㎝」でCDデビューできなくなって(※2020年4月のCDリリース予定がコロナ禍のために延期。のちに発売中止。配信のみでリリース)、落ち込んでいた時期に、TVアニメ『名探偵コナン』というすごく人気のあるTVアニメのエンディングテーマ(「星合」)を歌わせていただけることが決定して、それがすごく嬉しかったです。もちろん僕たちのことを知らない方がほとんだと思うので、その中で“受け入れてもらえるのか?”という不安はありましたが、それでも楽曲を“いい”と言ってくださる声がすごく多かったことも本当に嬉しかったです。二つ目は、今回の“デビューEPがCDリリースできる”ということを教えていただいた時ですね。「12㎝」のCDが出せなくなった時は、正直“もう歌えないんじゃないか”と思ったのですが、いろんな方のご協力をいただいて制作を進めていけたので、それが形になって世に出ることが本当に嬉しかったです。その二つが、僕の2020年ベスト2ですね。

NARITO:僕もまったく一緒かもしれないです。新人アーティストが『名探偵コナン』のエンディングテーマを歌うというのは、知らない人から見たら“この人たち誰?”ということになると思います。めちゃくちゃ怖かった部分もありましたし、不安と闘い続けていたのですが、SNSやYouTubeへのコメントで“素敵な楽曲ですね”と温かい言葉をいっぱいいただけて……それが今の活動の源になっていると思います。もう一つ、デビューEPのCDリリースが決まったことも本当に嬉しくて。暗い話になってしまって申し訳ないですけど、昨年4月に「12㎝」のCDが出せなくなって、気持ちが落ちるところまで落ちて……僕の話をすると、一回歌えなくなってしまった時期もあったんです。最初の緊急事態宣言が出た頃、誰にも会わずに家の中に一人でいて。僕は考え込むと引きこもってしまうタイプなので、ずっと自分の中で考えを巡らせて、パンクしてしまいました。それを経ての「星合」と、デビューEPの発売決定なので、すっごく嬉しかったです。デビューEPのCD発売が決まった時は、家に帰って一人で泣いちゃいました。

▲ITSUKI

──そんなことがあったとは……。でも、つらいことがあったからこそ、喜びも倍になったんじゃないですか。

NARITO:本当にそうですね。どん底を見たので、あとは上がるだけだと思います。

──ちなみに、『名探偵コナン』のオープニング&エンディングテーマを同時に担当したのは、新人としては『名探偵コナン』史上初の快挙でした。

NARITO:初オンエアを、二人で一緒に見ていたんです。

ITSUKI:どっちも見ましたね。「星合」(エンディングテーマ/8月からオンエア)の時も、「JUST BELIEVE YOU」(オープニングテーマ/10月からオンエア)の時も。

NARITO:ずっとポカーンとしていました。開いた口が塞がらない感じ(笑)。オープニングで最初にコナンくんのセリフが流れて、僕たちの曲が入るシーンを見た時に、やっと実感が湧いたというか、“本当に僕たちが担当させていただいているんだ”ということを感じて、めちゃくちゃ嬉しかったです。毎週放送されるたびにSNSでいろんな感想をいただけるので、それが本当に嬉しくて。今は直接お客さんに会える機会がなくて、僕たちがいただける唯一の生の声なので、それは本当に大切にしている部分です。

ITSUKI:僕は単純に『名探偵コナン』がすごく好きだったので、アニメーションの中に自分たちの声が入っていることが本当に嬉しかったです。オープニング映像で、いろんなカップルが出てくるシーンもすごくいいですし、「Secret of my heart」(倉木麻衣)が流れていた時代を思い出させるように、桜の木が出てきたりとか、本当に素敵だと思いました。エンディングの「星合」に関しては、“楽曲に沿ってアニメーションを作ってくれたのかな?”って勝手に思っているのですが、映像が曲にぴったり合っていて、それがすごく嬉しかったですね。NARITOが言ったみたいに、たくさんの人に聴いていただけて、“いいね”と言っていただけるのも本当に嬉しくて。「星合」も「JUST BELIEVE YOU」も、どちらもミュージックビデオを作っていますが、それとはまた違う世界観がアニメでは見られると思うので、そこも自分たちで楽しんでいました。



──そしていよいよ“デビュー作”として1月27日にCDリリースされるのが、5曲入りEP『JUST BELIEVE YOU』。これまでに配信リリースされた全曲を収録した、集大成の1枚になりました。

ITSUKI:僕たちの良さは“まっすぐな声”で、全曲にそれが込められていると思います。あとは、いろんな種類の楽曲が入っていると思うんですけど──。

NARITO:同じジャンルの楽曲が一個もないんじゃないか?というぐらい。

ITSUKI:そう。そのぐらいいろんなジャンルを歌っていて、そこが自分たちの目標でもありましたし、その意思が出せたEPになっていると思っています。全部の楽曲にメッセージが込められているので、こういう時代だからこそ、大切な人のことを思い浮かべて聴いてほしい楽曲たちですね。

NARITO:最初にレコーディングした「Take mo' Chance」から始まって、「JUST BELIEVE YOU」まで、僕たちの新しい声を確立できたと思うので、今、僕たちができるすべての歌を詰め込んでいるEPだと思います。今の時代だからこそ、音楽の力を感じていただけたらすごく嬉しいです。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報