グラストンベリー・フェスティバル、2021年の開催も断念

ツイート

英グラストンベリー・フェスティバルの主催者は1月21日、2020年に続き2021年の開催も中止すると発表した。

◆グラストンベリー・フェスティバル画像

主催者のマイケル&エミリー・イーヴィス親子は、「大変残念ですが、今年のグラストンベリー・フェスティバルの中止を告知せねばなりません。またしても私たちにとって強制的な休閑の年となります。私たちは全力を尽くしてきましたが、今年フェスティバルが開催できないのは明らかとなりました。皆さんを失望させてしまい、申し訳なく思っています」との声明を出した。

支払い済みのチケットの手付金は2022年に繰り越せるという。



グラストンベリー・フェスティバルは2020年に開設50周年を迎えるはずで、ケンドリック・ラマー、ポール・マッカートニー、テイラー・スウィフトのヘッドラインが発表され、13万枚以上のチケットが売り切れていた(手付金の支払いが済んでいた)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、開催3ヶ月前の3月に中止を決定。2021年には状況が好転し、開催できることを願っているとされたが、叶わなかった。

マイケル・イーヴィス氏は昨年6月の時点で、「来年(2021年)はやらねばならない。そうでなければ、我々はまじめな話、破産するだろう。実現しなくては。さもなければ終わってしまう。さらに1年は待てないと思う」と、経済的に苦しい状況にあることを明かしていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報