NOA、1st EP「Too Young」リリース

ツイート

NOAのファーストEP「Too Young」が、1月29日に配信リリースされる。

◆NOA 動画、画像

2020年に発表したtofubeatsとのコラボレーション楽曲「TAXI feat. tofubeats」がストリーミング総再生数約400万回を記録し、タイのSpotifyバイラルチャートでは1位を獲得するなど、国内外で注目を集めるNOA。初のEPには、日本語と韓国語、英語を話すトリリンガルのNOAが3か国語をミックスして制作した全5曲が収録されるという。プロデューサーとして、KSUKE、Ryosuke "Dr.R" Sakai、mabanua、Chaki Zulu、MILLENNIUM(レソン)が参加しているそうだ。

KSUKEがプロデュースを手がけたリード曲「Too Young」は、韓国・ソウルに住んでいた頃に書かれたという楽曲で、韓国語と英語で感傷的な愛を歌ったエモーショナルなビートチューン。ファーストシングルのニューバージョンとしてSAAYをゲストに迎えて制作された「LIGHTS UP feat. SAAY」が収録されることも決定している。



この発表に合わせて、ジャケット写真やティーザー映像、EPのプロモーションスケジュールが公開された。リリース当日の22時からは、YouTubeでリード曲のミュージックビデオがプレミア公開される予定となっている。公開直前の21時45分頃より、韓国事務所の練習生生活を共にした仲間でもある親友、MILLENNIUMことチェ・レソンを迎えての生配信も実施予定とのことだ。

   ◆   ◆   ◆

■NOA コメント

ついに初のEPがリリースされます。
一曲一曲に新たな魅力を感じていただける色鮮かな5色のメロディが収録されています。
リード曲の「Too Young」はソウルに住んでいた頃に書いた曲です。当時、韓国語で書いた歌詞をそのままリリースすることになり、あの頃の僕の感性をストレートにお伝えできることを、とても嬉しく思います。
新たに作った他の4曲は、一歩前に踏み出す時の気持ちを込めた「Multiverse」という曲や、誰かを好きになる時に感じること、夢や目標に向かっていく中の熱い気持ち、それぞれのストーリーが僕の音楽になっています。
皆さんの日常の様々な場面で、この曲たちが共に輝いてくれれば嬉しいです。
そして皆さんと一緒に歌う日が来るのがとても待ち遠しいです。

   ◆   ◆   ◆

「Too Young」ミュージックビデオ YouTubeプレミア公開

2021年1月29日(金)22:00〜公開予定
https://youtu.be/XLwlEmKBa70

「Too Young」 LIVE STREAM 【Guest.MILLENIUM(RAESUNG)

2021年1月29日(金)21:45頃〜配信予定
https://youtu.be/-gblDNIBUBA

1st EP「Too Young」

2021年1月29日(金)0:00〜配信開始
1. Too Young  Produced by KSUKE
2. Better Produced by Ryosuke“Dr.R”Sakai
3. Friends? Produced by mabanua
4. Multiverse Produced by Chaki Zulu
5. LIGHTS UP feat. SAAY Produced by NOA / MILLENNIUM

この記事をツイート

この記事の関連情報