FAKY、新体制初のワンマンライブ開催「あと少しで“The Light”くるよ」

ツイート

FAKYが1月24日に新体制初のワンマンライブ<aRoom presents FAKY ONLINE LIVE #WeAreAllHereTogether>を開催した。

◆ライブ画像

有客で行われる予定だった今回のライブは緊急事態宣言を受け、急遽オンラインライブに切り替え。客入れできない悔しさがある中、そのフラストレーションをパワーに変え、画面越しとは思えないほどの迫力のあるパフォーマンスを見せつけ、ファンを魅了した。


真っ白な衣装で登場したFAKYは、一曲目から初披露となる「little more」をパフォーマンスしアクセル全開で幕を開ける。さらにサバイバルメドレーと題し「Bad Things」「Chase Me」「Surrender」とストイックなダンスナンバーを立て続けに披露し、実力派として圧倒的なパフォーマンス力を発揮した。


恋愛ソングを中心に集めたラブセクションでは、ABEMA『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演したメンバーのHinaの想いを込めた人気曲「half-moon」を披露しただけではなく、まだどこにも配信されていない幻の過去曲「Why’d You Make Me Cry」を歌唱し、思わぬサプライズでファンを喜ばせた。


さらに、今ライブでは昨年末にソロデビューを果たしたAkinaが、デビュー曲「Touch」と自身初の作詞作曲を務めた「Gravity」を初披露。ワンマンライブならではの特別なソロパフォーマンスだ。


Akinaだけではなく、Lil’ Fang、Taki、Hina&Mikako、もそれぞれ持ち味を活かした楽曲、ダンスを披露。個性あふれる5人だからこそ魅せられるFAKYらしいライブ構成となっていた。

本編ラストを飾ったのは、1月27日にリリースされる「The Light」。明るくポップな今ナンバーは“かわいい”と“パワフル”を兼ね備えた、FAKYの魅力があふれるものとなった。


パフォーマンスを終えたオンラインライブのトーク画面には、大量の「アンコール」のコメントが。それ応えるように再登場したFAKYは「Better Without You」を披露した後、それぞれの思いの丈を打ち明けた。


「昨年の本当に悔しかった思いを全部このライブに込めました」(Mikako)
「あと少しで“The Light”くるよ」(Taki)
「大きな環境の変化があったのにも関わらずFAKYを好きでいてくれて、支えてくれてありがとうございます」(Hina)
「みんなで乗り越えたからこそ今日最高のライブをすることができました」(Akina)
「感謝を実感したこの時間を与えてくれた方、関わってくれた全ての方に改めて感謝の気持ちを伝えたいです」(Lil’ Fang)

最後に、バラードナンバー「Who We Are」を披露し、本公演の幕が閉じられた。<aRoom presents FAKYONLINE LIVE #WeAreAllHereTogether>は、1月31日21時までのチケット購入で、同日23時59分までアーカイブを視聴することができる。

また、TakiがHinaに続き、ABEMA『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演することも決定している。

ライブセットリスト

Apple Music:https://music.apple.com/jp/playlist/weareallheretogether/pl.0f4a14a08c35405b8b0b731b9470eb67
Spotify:https://open.spotify.com/playlist/0koNTAeNHEoEZr0dARlEX2?si=y_R7eIXYQVm2vqDuLhc9bw

<aRoom presents FAKYONLINE LIVE #WeAreAllHereTogether>アーカイブ配信情報

チケット購入ページ:https://www.openrec.tv/ppv/FAKY_live0124
チケット価格:3,500円(税込)
販売期間:2021年1月31日 (日)21:00まで
※アーカイブ配信は2021年1月31日 (日) 23:59まで

◆FAKY オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報