lynch.、1年間の紆余曲折と日本武道館を『ROCK AND READ』で語る

ツイート

“読むロックマガジン”こと『ROCK AND READ』の最新刊、第93号が1月27日に発売される。今回の表紙は、本来ならば2月3日に初の日本武道館ワンマンを行なうはずだったlynch.だ。誌面ではメンバー個別に、日本武道館公演に向かうまでのこの1年の紆余曲折についてロングインタビューしている。

◆『ROCK AND READ』第93号 画像

1都3県に緊急事態宣言が再発出され、lynch.が日本武道館公演の中止を発表した2021年1月8日の時点で、同最新号はすでに校了(印刷開始)していたとのこと。それゆえ誌面は大々的に初武道館を祝福した内容となっている。同公演を楽しみにしていたファンの方は、彼らが武道館までにどんなプロセスを経て、本来はそこでどんなことが行なわれるはずだったのか、メンバーの言葉を噛み締めながら読んでほしいとのことだ。


また、表紙のlynch.が名古屋のバンドであることに関連して、1990年代を席巻したヴィジュアル系のカルトシーン“名古屋系”完全解剖特集が届けられる。時代を牽引した元ROUAGEのKaiki、元Merry go Roundのkazuma、deadmanのaie、数多くの名盤を手がけたレコーディングエンジニアにも取材を敢行し、その魅力と当時のパッションが誌面に蘇る。

これらに加え、YOSHIKIの世界記者会見、BUCK-TICK、HYDE、GLAY、ゴールデンボンバー、聖飢魔II等のライブレポートほか、聖飢魔IIの創始者・ダミアン浜田陛下の新バンドDamian Hamada’s Creatures、話題騒然の-真天地開闢集団-ジグザグのメンバーインタビューが掲載されるなど、幅広いラインナップと内容充実の一冊だ。


■『ROCK AND READ 093』

2021年1月27日(水)発売
cover (& back cover)
・lynch.
special report
・YOSHIKI
live report
・BUCK-TICK
・GLAY
・HYDE
・ゴールデンボンバー
・鬼龍院翔
・SEESAW
・聖飢魔II
special interview
・Damian Hamada’s Creatures
 ダミアン浜田陛下&さくら “シエル” 伊舎堂
・-真天地開闢集団-ジグザグ
 龍矢 feat.命&影丸
personal interview
・Aiji (LM.C)
・魔喪 (生憎の雨。)
・鈴木晃二 (DEEP)
特集
・集中考察「名古屋系」完全解剖
 証言:Kaiki、kazuma、aie、MUTEC

この記事をツイート

この記事の関連情報