ビッケブランカ、水族館ライブ放送目前「人生初です、こんな経験をさせてもらえるのは」

ツイート

ビッケブランカが神奈川・八景島シーパラダイスで開催したライブの模様が、2月2日(火)20:00にWOWOW『ビッケブランカ SUPER AQUARIUM LIVE』にて放送される。事前に収録レポートが到着したのでお届けしよう。

◆ダイジェスト映像

『ビッケブランカ SUPER AQUARIUM LIVE』はWOWOWのオリジナルライブ番組で、八景島シーパラダイス内にある日本最大級の水族館、アクアミュージアムで収録された。

まるで海中にいるような幻想的な光景を、ゆっくりとカメラが旋回し捉えていく。そこに1人ずつサポートメンバーが集い、荘厳なSEに溶け込むような演奏が始まったかと思えば、ビッケブランカがハンドマイクで歌いながら巨大な水槽に囲まれたエスカレーターを降りていくというインパクト抜群のオープニング。



その後もアクアミュージアム内をアテンドするかのように駆け抜け、円形の布陣で待ち受けるメンバーと合流。回遊する魚たちをバックに「Ca Va?」を歌うという絶景を生み出し、「ファビュラス」「アシカダンス」「追うBOY」とアップテンポなナンバーを立て続けに聴かせていく。

コロナ禍に多くのアーティストがさまざまな形態でライブ配信等を行ってきたが、それとはまたひと味違うコンセプトとシチュエーションの妙に、新たな驚きと喜びをファンへ届けようという、ビッケブランカの音楽を信じるチームの熱意とクリエイティブをひしひしと感じる。

ビッケブランカが「今思い返すと、昔から気分転換で海に行くことが結構あったので、自然と歌のタイトルとか歌詞に、海っぽい雰囲気とか生き物の名前が出てくる傾向があって。なかなかこんな状況でやらせてもらうこともないと思うし、後ろの大水槽とか……壮観ですよね」とその想いを述べつつ、「Shekebon!」では頭上に漂うクラゲ越しの映像など360°アングルで回転するカメラワークでも魅せ、ステージを包囲する水槽を興味深げに眺めながらステップを踏む。疾走感溢れるロックチューン「Black Rover」でも、その神秘的な空間のド真ん中でエネルギッシュにエレキギターをかき鳴らす。



「一番初めに音楽が面白いとか楽しいと思うようになった、かなりの割合を占めた要因が、WOWOWで母親が録画してたマイケル・ジャクソンのMV特集を見たことなんですよ。それにすごく感動して、まねして、小学校1~2年生の僕が歌詞をカタカナで書き起こして学校に持って行って。やっぱり『スリラー』も『BAD』も大人数じゃないと形にならないので、何とかみんなに踊りを覚えてもらって遊んだり、すごく思い出深いものがあって。そういう初期衝動にWOWOWはすごく深く関わっているなと思って、そこに今自分が出られているのは不思議な感覚もあり。僕は今、幸せであります」(ビッケブランカ)

そんな感慨にふけりながら、ダークでエモーショナルな「ミラージュ」をひときわ情熱的に歌い上げる姿には、かつては音楽少年だったビッケブランカの数奇な運命をたどるかのような感動が押し寄せる。

ここで、「スヤーッと寝てるよね。何かもう人間みたいだよ。起きてよ、セルフタイトルの曲だぜ。あんたが起きてなくてどうすんだよ(笑)」と、胸の前で手を合わせ気持ちよさそうに眠るホッキョクグマに語りかけながら、切なくも優しい「白熊」を奏でる。さすがのビッケブランカも、まさか本物のクマを前にこの曲を歌うことになろうとは、想像もしなかったことだろう。



「WALK」、そして、「まっしろ」と極上のバラードを切々と届ける際にも、ビッケの背後では魚たちが群れを成して泳ぎ、その景色とシンクロするような楽曲のテンポが、目にも耳にも何とも心地良い。胸を締め付けるようなラブソング「TARA」では、まるで海の底にいるような静寂が楽曲のドラマをより際立たせるかのよう。

「人生初です、こんな経験をさせてもらえるのは。2020年は大勢の人の前でライブがやれなかったですけど、時間を共有するということだけ考えれば、WOWOWとかこういう場所から、もっともっと多くの人に届けることができるんじゃないかと。その最たるものがここですよね。すごいですよ今日は、12~13台ぐらいカメラが入ってますから。僕たちが見ているこの景色を、画面越しにきっと皆さんも感じてくれてると思いますので、最後はグングングンと盛り上がっていきたいなと思います!」(ビッケブランカ)

宣言通りの「Winter Beat」の軽快なビートに身も心も躍らされていると、再びビッケブランカはハンドマイクでアクアミュージアム内を全力疾走! 「Slave of Love」では画面越しのオーディエンスに訴えかけるように熱くフックアップしていく。

「『SUPER AQUARIUM LIVE』、横浜・八景島シーパラダイス、すごく楽しかったし、美しかったですね。皆さんにもきっと伝わってると思います。最後に1曲、次に来る春を待ち望む歌をやってサヨナラしたいと思います」

ラストの「ウララ」でも、大水槽やホッキョクグマ、セイウチの水槽の前を自由に歩き回りながら歌うなど、アクアミュージアムならではのスペシャルなパフォーマンスの連続で、最後までその歌声を存分に響かせたビッケブランカ。計14曲にも及ぶ充実のライブの模様は番組にてチェックしてほしい。



番組情報

■WOWOWオリジナルライブ番組『ビッケブランカ SUPER AQUARIUM LIVE』
放送日:2021年2月2日(火)20:00~
収録会場:神奈川 横浜・八景島シーパラダイス
My番組登録:https://www.wowow.co.jp/vicke/
アクアミュージアムで行なわれる特別なライブをお届け
ダイジェスト映像:https://youtu.be/s3fgbE8eIuw

5th Single「ポニーテイル」

発売日:2021年3月17日(水)
予約:https://VickeBlanka.lnk.to/Ponytail_CD

■CD+Blu-ray+グッズ(ファンクラブ限定盤)
初回生産限定商品・スマプラ対応
品番:AVZ1-61043/B
価格:¥10,000(本体価格+税)
仕様:三方背BOX
グッズ付き:特製オリジナル・バスタオル / ヘアゴム
[CD]
1. ポニーテイル
2. 天
3. ポニーテイル -Instrumental-
4. 天 -Instrumental-
[ Blu-ray]
・French Link Live
・Billboard Special Live
・SPECIAL LIVE edit
・ドキュメンタリー映像

■CD+Blu-ray
品番:AVCD-61040/B
価格:¥5,000(本体価格+税)
スマプラ対応

■CD+DVD
品番:AVCD-61041/B
価格:¥4,500(本体価格+税)
スマプラ対応

■CD only
品番:AVCD-61042
価格:¥1,200(本体価格+税)
スマプラ対応

収録内容
[CD]
1. ポニーテイル
2. 天
3. ポニーテイル -Instrumental-
4. 天 -Instrumental-
[ Blu-ray]
・Billboard Special Live
・SPECIAL LIVE edit
・ドキュメンタリー映像
[ DVD]
・Billboard Special Live
・SPECIAL LIVE edit

<Devil Tour “Promised”>

2021年2月12日(金)愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2021年2月23日(火・祝)福岡・福岡国際会議場メインホール
2021年3月18日(木)大阪・オリックス劇場
2021年3月20日(土)北海道・道新ホール
2021年3月28日(日)東京・中野サンプラザホール

チケット料金:¥5,500(税抜)
各種チケットサイトで順次発売中

◆ビッケブランカ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報