全米アルバム・チャート、モーガン・ウォレンが3週連続1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、引き続き、カントリー歌手モーガン・ウォレンのセカンド『Dangerous: The Double Album』が首位をキープし、3週連続で1位を獲得した。カントリー音楽(カントリー・アルバム・チャートにも登場した)のアルバムが3週連続で1位に輝くのは、テイラー・スウィフトの『Red』(2012年11月)以来8年以上ぶりだという。

2位も先週と変わらず、故ポップ・スモークのデビュー・アルバム『Shoot For The Stars, Aim For The Moon』がキープ。テイラー・スウィフトの最新作『evermore』が4位から3位へ再浮上した。

今週新たにトップ10入りしたのは1作のみで、プエルトリコ出身のラッパー/シンガーの2人、アヌエルAAとオズナのコラボレーション・アルバム『Los Dioses』が10位にチャート・インしている。どちらにとっても2作目の全米トップ10ヒットとなった。アヌエルAAは、昨年5月にリリースしたセカンド『Emmanuel』が8位、オズナは2018年に『Aura』で7位にチャート・インしていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報