クエストラヴが監督した映画、サンダンス映画祭でドキュメンタリー部門のグランプリに

ツイート


クエストラヴ(Ahmir-Khalib Thompson)が監督したドキュメンタリー映画『Summer of Soul (...Or, When the Revolution Could Not Be Televised)』が、サンダンス映画祭でU.S.ドキュメンタリー部門のグランプリ(Grand Jury Prize)と観客賞(Audience Awards)の両方を受賞した。

◆関連画像、動画

『Summer of Soul (...Or, When the Revolution Could Not Be Televised)』は、1969年にニューヨークで開催されたアフリカン・アメリカンの音楽とカルチャーの祝典で“ブラック・プライド”を掲げた<Harlem Cultural Festival>のドキュメンタリー。同フェスティバルにはニーナ・シモン、B.B.キング、グラディス・ナイト&ザ・ピップス、スティーヴィー・ワンダー、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、フィフス・ディメンションらが出演した。

クエストラヴは、グランプリ受賞の知らせに「wowowoeowowoeororocokmjust n mxkekwkjwbrmtglglxkwnwnwwnnnnnzhzkqlqoqoqoqqo!!!!!!!!!)!!!!!!!!!!!!!!」と言葉にならない(?)喜びをツイート。続く観客賞受賞の快挙に「これも! ありがとう!!!」と感謝している。






俳優としても活動しているクエストラヴは最近、ピクサー・アニメーション・スタジオ制作のアニメーション映画『ソウルフル・ワールド』でカーリー役の声を担当した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報