ブルース・ディッキンソン、ティム・バージェス主催の666回目のリスニング・パーティーに登場

ツイート

ザ・シャーラタンズのフロントマン、ティム・バージェスがTwitterで開催しているオンライン・イベント<Tim's Twitter Listening Party>に、来週、アイアン・メイデンのブルース・ディッキンソンが参加し、1984年にリリースしたアイアン・メイデンの5枚目のスタジオ・アルバム『Powerslave』を1曲ずつ解説していくという。

◆関連画像、動画

バージェスは昨年3月、新型コロナウイルスによるロックダウンを機にこのリスニング・パーティーを開始。ディッキンソンは、666回目のパーティーに参戦するそうだ。

ディッキンソンは、参加を告知するビデオ・メッセージの中で、「いくつか興味深い秘密」を明かし「楽しいものになる」と予告している。現地時間の2月12日午後9時(日本時間13日午前6時)からスタートする。





<Tim's Listening Party>の500回記念にはニック・メイスンが参加した。666回目もスペシャル回にすべきとの提案があり、この数字にはアイアン・メイデンが最適だと、バージェスは彼らに出演をオファーしたそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報