トレント・レズナー&アッティカス・ロス、ゴールデン・グローブ賞で2作が候補に

ツイート
Photo by John Crawford

水曜日(2月3日)、第78回ゴールデン・グローブ賞の候補が発表された。

◆関連画像

2つある映画音楽部門では、トレント・レズナー&アッティカス・ロス、アンドラ・デイ、セレステ、H.E.R.、ダイアン・ウォーレンらの作品がノミネートされた。レズナーとロスは作曲賞(Best Original Score)でアニメーション映画『ソウルフル・ワールド』とデヴィッド・フィンチャー監督の『Mank/マンク』の2作品が候補に挙がった。

作曲賞の候補は以下の5作品──

アレクサンドル・デスプラ『THE MIDNIGHT SKY』(邦題:『ミッドナイト・スカイ』)
ルドウィグ・ゴランソン『TENET』(邦題:『TENET テネット』)
ジェームズ・ニュートン・ハワード『NEWS OF THE WORLD』(邦題:『この茫漠たる荒野で』)
トレント・レズナー、アッティカス・ロス『MANK』(邦題:『Mank/マンク』)
トレント・レズナー、アッティカス・ロス、ジョン・バティステ『SOUL』(邦題:『ソウルフル・ワールド』)

主題歌賞の候補は──

「Fight For You」-『JUDAS AND THE BLACK MESSIAH』より
作曲:H.E.R., Dernst Emile II
作詞:H.E.R., Tiara Thomas

「Hear My Voice」 - 『THE TRIAL OF THE CHICAGO 7』(邦題:『シカゴ7裁判』)より
作曲:ダニエル・ペンバートン
作詞:ダニエル・ペンバートン、セレステ・ウェイト(セレステ)

「Io sì (Seen)」 - 『THE LIFE AHEAD』より
作曲:ダイアン・ウォーレン
作詞:ダイアン・ウォーレン、ラウラ・パウジーニ、Niccolò Agliardi

「Speak Now」 - 『ONE NIGHT IN MIAMI...』(邦題:『あの夜、マイアミで』)より
作曲:レスリー・オドム・ジュニア、Sam Ashworth
作詞:レスリー・オドム・ジュニア、Sam Ashworth

「Tigress & Tweed」 - 『THE UNITED STATES VS. BILLIE HOLIDAY』より
作曲:アンドラ・デイ、ラファエル・サディーク
作詞:アンドラ・デイ、ラファエル・サディーク

アカデミー賞の前哨戦といわれるゴールデン・グローブ賞は、今年は2月28日に開催される。

トレント・レズナーとアッティカス・ロスは、これまで『ソーシャル・ネットワーク』(2010年)、『ドラゴン・タトゥーの女』(2011年)、『ゴーン・ガール』(2014年)と3度ゴールデン・グローブ賞作曲賞にノミネートされ、『ソーシャル・ネットワーク』で受賞した。同作はアカデミー賞作曲賞も受賞している。

Ako Suzuki



この記事をツイート

この記事の関連情報