ロバート・フリップ妻「ロバートは最初、チュチュ姿でのダンスに憤慨してた」

ツイート

キング・クリムゾンのロバート・フリップの妻、女優/シンガーのトーヤ・ウィルコックスが、毎週YouTubeで公開している『Sunday Lockdown Lunch』シリーズについて語った。

◆「Swan Lake」動画

夫妻は昨年春、英国でロックダウンが実施されたのを機に、笑いの要素を散りばめ、様々なジャンルのカヴァー・ソングをプレイしたり踊ったりするビデオを家で撮影し始め、フリップの厳格なイメージを覆した。

その第1弾が、チュチュ姿で『白鳥の湖』を踊る夫妻の映像だった。フリップは黒いシャツに黒いネクタイ、革靴なのはいつものスタイルだが、妻と同じようにチュチュにタイツを着け、庭でバレエを踊った。


夜、ベッドの中でこのアイディアを思いつき、一人笑ってしまったというトーヤは英国の新聞『The Guardian』にこう話した。「彼は引きこもってたのよ。だから、彼にダンスを教えようって思ったの。チャレンジになったわ」

フリップは当初、チュチュ、タイツ姿で踊らされることに「ひどく憤慨していた」そうだ。「からかわれてるって思ったのよ。でも、反響がものすごくポジティブで、もう半年以上続いてる。彼はいま、あれはやるべき重要なことだったってわかってる。必要とされていた笑いという美しい体験を視聴者とシェアできたんだから」

ただ、1本目以降「彼をあれほど絶望的な状況に追い込むことはしていない」そうだ。ライティング、撮影、コンセプトの立案を担当する彼女は“自意識ゼロ”なので、ユーモラスな姿を見せていくという。

ひと月ほど前に投稿されたメタリカの「Enter Sandman」のカヴァーは470万回近くが視聴されるヒットとなった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報