デヴィッド・ボウイ、有名人だらけのパーティーに嫌気がさしキッチンに逃げ込む

ツイート

元ジェスロ・タルのギタリスト、マーティン・バーが、有名人が多く集まったパーティーでのデヴィッド・ボウイの振る舞いについて語った。

70年代のどこかで開かれたこのホーム・パーティーには、ザ・ローリング・ストーンズのメンバーをはじめ有名な人たちが集い、バーは、彼らの間のエゴのぶつかり合いや悪ふざけにウンザリし、「紅茶でも飲もうと、デカいアパートメントのキッチンに逃げ込んだ」という。「そしたら、そこにデヴィッド・ボウイがいて、紅茶を飲んでた」と、『Raised On Radio』のインタビューで話した。

「僕ら(バーとジョン・エヴァン)、“あっちは酷くない?”って訊いたら、彼は“ああ”って言ってた。そこで、僕とデヴィッド・ボウイ、ジョン・エヴァンは3時間だったな、モンティ・パイソンや紅茶……、音楽以外のことなら何でも、話してたんだよ。ビッグ・スターにつきものの厄介なことは全くなかった。彼は本当に地に足がついた人だった」

バーはこの出来事より前、60年代半ばにボウイがまだデイヴィー・ジョーンズ・アンド・ザ・ロウアー・サード名義で活動していたとき、彼らの前座を務めたことがあったという。「彼らは本当にナイスな人だったよ。僕はメイキャップをするミュージシャンを初めて見た。でも、本当にナイスで僕らを支援してくれた」と話している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報