M-Swift松下昇平率いるFolks Cinematic Jazz Ensemblel、新たな物語の幕開けとなる2021年第1弾SGリリース

ツイート

M-Swift松下昇平率いるFolks Cinematic Jazz Ensembleが新たな物語の幕開けとして2021年夏発売予定のセカンドアルバムからのシングルカット第1弾「Reflections」をリリースする。

◆Folks Cinematic Jazz Ensemblel 関連画像

架空のロードムービーをコンセプトに、映像的な音楽を追求するジャズ集団“Folks Cinematic Jazz Ensemble”。新しい旅路の出発点となる本シングルは、ヒップホップビートに幻想的なピアノ、トランペット、バリトンサックス、ギターが絡み合い、心象風景を描き出す意欲作となっている。また中心人物であるM-Swiftこと松下昇平の作曲家としての新たな一面を垣間見れる1曲になっている。今作でも引き続き、現在ロンドンで注目の写真家“ネモ・ロバーツ”とのコラボレーションが実現。現実と虚構の交錯する独特の手法で新たな旅路を演出していく。

2021年2月10日より各配信音楽サービスで配信限定リリース。なお、この曲は「au Apple Music6か月無料 新生活キャンペーン」ラジオCMタイアップ曲に決まり、ますます注目が集まる。


「Reflections」

2021年2月10(水)配信限定リリース
各種音楽配信サイト https://linkco.re/DDeyT53D

Folks Cinematic Jazz Ensemble :
Guitar: 松下昇平 (M-Swift)
Piano: 堀秀彰
Drums: 服部正嗣
Bass: 中林薫平
Trumpet: 佐瀬悠輔
Bariton and Tenor Sax: 小笠原 涼
Photographer: ネモ・ロバーツ

◆M-Swift オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報