ブルース・スプリングスティーン、飲酒運転発覚で車のCM削除

ツイート
Photo By Danny Clinch

週末、ブルース・スプリングスティーンが出演するJeepの特別CMが公開されたばかりだったが、水曜日(2月10日)、スプリングスティーンが昨年11月に飲酒運転の容疑で起訴されていたことが発覚し、Jeepは同CMをYouTubeから削除した。

『TMZ』によると、スプリングスティーンは11月14日、ニュージャージー州にある国立公園(国立保養地)Gateway National Recreation Areaの閉鎖地域で飲酒および無謀運転の疑いで逮捕され、数週間以内に裁判所へ出頭する予定だという。国立公園局の広報担当者は、スプリングスティーンはこの過程において協力的だったと話している。

現時点、スプリングスティーンからコメントは出ておらず、彼のSNSではJeepのCMが投稿されたままとなっている。

CNBCなどによると、Jeepは「(記事を)読んだだけで自分では立証できない事柄の詳細について、私たちがコメントするのは不適切だと思います。しかし、事実がはっきりするまでCMを中止するのは正当なことです。コミュニティと結束というあのメッセージは依然、重要です。飲酒運転は絶対に許されるべきではないとのメッセージも同様です」との声明を出している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報