ポール・スタンレー、エディ・ヴァン・ヘイレンがキッスに加入したがっていた話「知らない」

ツイート

ジーン・シモンズは以前、80年代初め、エドワード・ヴァン・ヘイレンがキッスに加入したがっていたとの逸話を明かしているが、ポール・スタンレーはその頃エドワードと電話で話したものの、そういった話題は上らなかったという。

◆キッス画像

シモンズは2014年、『Guitar World』のインタビューで「『Creatures of the Night』(1982年)のころ、エドワード・ヴァン・ヘイレンがキッスに加入したがっていたというのは本当か?」と問われると、「本当だ。彼はかなり真剣だったよ。(デイヴィッド・リー・)ロスとの関係にすごく不満を持っていた。彼に我慢ならなかったんだ。それにドラッグも盛んだったからね」「彼は俺をRecord Plantの真向いにあるダイナーへランチに連れ出した。で、“キッスに加入したい。もうロスとは争いたくない。ウンザリだ”って言われた。でも、俺はこう答えたんだ。“エディ、空きはない。お前は、自分で音楽をコントロールできるバンドにいなきゃダメだ。キッスではハッピーになれない”って」と答えていた。

シモンズは当時、スタンレーにこの話をしていなかったらしい。今週公開された『The Jeremy White Podcast』で、スタンレーは「俺は、聞いたことなかったと言わないとな」と話した。「その時期、俺は彼(エドワード)と電話で話した。彼から電話があったんだ。バンドの中に緊張感があったんだと思うよ。彼は例えば、どうして俺らがソロ・アルバムをリリースしたんだとか、なぜそうしなきゃならなかったのかとか訊いてきた。バンドが分裂しつつあるって感じてたんだろうね。でもそれ以上のこと、キッスに加入したがっていたとかは……、俺は知らない。それはジーンに任せるよ」

スタンレーは2018年、<Kiss Kruise>の最中、ファンからエドワードがキッスに加入しかかっていたとの噂の真偽を問われると、「いや、それはない。エディはスタジオに来て、俺らが何やっているか見に来ただけだ」と答えていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報