cali≠gari、今春開催『15予告版』ツアーに初編成でのアレンジライヴも

ツイート

cali≠gariが本日2月11日(木/祝)、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて<カリ≠ガリ ツアー“15”15予告版発売記念GIG「渋谷公会堂のカリ≠ガリ」-腐ったレモンの方程式>を開催した。同公演では3月より全10ヵ所の規模で行われる全国ツアーの詳細が発表となった。このツアーはCD『15予告版』リリースに伴って開催されるものとなる。

◆cali≠gari 画像

当初、<カリ≠ガリ ツアー“15”>としか告知されていなかった同ツアーだが、その初日公演まで1ヶ月を切った今、全貌が明かとなった。全10ヵ所中6ヵ所は、<cali≠gari TOUR 15 -Notice × Novice × Notice->と題して、従来のライヴ構成で開催されるのもとなる。

残り4ヵ所のタイトルは<cali≠gari フィルムルネッサンス“15”>だ。関東以外の会場にて実施される同公演では、2月11日のLINE CUBE SHIBUYA公演<カリ≠ガリ ツアー“15”15予告版発売記念GIG「渋谷公会堂のカリ≠ガリ」-腐ったレモンの方程式>の一部が上映されるほか、メンバー3人による“3密編成”アレンジで、従来のライヴとは異なるメニューが披露されるとのことだ。

なお、どちらの公演とも来場者特典付きとなる。<cali≠gari TOUR 15 -Notice × Novice × Notice->では、各地異なるご当地デザインの「ママが僕を捨てて、パパが僕をおかした日」新録バージョンが聴けるダウンロードカードが付属。一方の<cali≠gari フィルムルネッサンス“15”>では、当日上映されるライヴ映像の一部を収録したダウンロードカード「渋谷公会堂のカリガリ〜よりぬきレモン〜 ロード トゥ “15”」の4種デザインのうちランダム1種が付属する。

■<cali≠gari TOUR 15 -Notice × Novice × Notice->

3月06日(土) HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
・1部:open14:45 / start15:15
・2部:open17:45 / start18:15
3月20日(土) 福岡DRUM Be-1
・1部:open14:45 / start15:15
・2部:open17:45 / start18:15
※全自由席 ¥6,500(税込)
▼下記、4月以降の公演に関する情報(チケット詳細/開場開演時間等)は随時発表
4月11日(日) umeda TRAD
5月08日(土) 横浜BAY HALL
6月11日(金) 名古屋ボトムライン
6月28日(月) 新宿LOFT
※来場者特典:「ママが僕を捨てて、パパが僕をおかした日」新録ご当地ダウンロードカード付 (カードデザインは各地で異なります)

■<cali≠gari フィルムルネッサンス“15”>

3月21日(日) 熊本B.9 V2
・1部:open14:45 / start15:15
・2部:open17:45 / start18:15
※全自由席 ¥6,500(税込)
▼下記、4月以降の公演に関する情報(チケット詳細/開場開演時間等)は随時発表
4月10日(土) 岡山image
4月24日(土) 仙台MACANA
5月22日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
※来場者特典:「渋谷公会堂のカリガリ〜よりぬきレモン〜 ロード トゥ “15”」ダウンロードカード付 (カードデザインはランダム4種の内1種のお渡しとなります)

■<cali≠gari 「カリ≠ガリの実演放送 無人座III -ナマレモン-」>

アーカイブ配信:2月21(日)23:59まで
▼配信チケット
視聴料金 2,200円(税込)
https://twitcasting.tv/c:caligari_official1/shopcart/50028

■ニュウ・イーピー「15 予告版」

2021年2月10日(水)リリース


▲「15 予告版」限りなく透明に近いレモン盤


▲「15 予告版」限りなく透明に近いレモン盤 展開図

【限りなく透明に近いレモン盤(CD2枚組)】MSNA-130 ¥2,800+税
※限りなく透明に近い特殊仕様
01. カリ≠ガリのコマーシャル
02. 腐ったレモン
03. ケセ
04. 鐘鳴器
05. そして誰もいなくなった
※ボーナストラック
06.「依存」と云う名の病気を治療する病院 (新録)


▲檸檬盤

【檸檬盤】MSNB-130 ¥2,500+税
01. カリ≠ガリのコマーシャル
02. 腐ったレモン
03. ケセ
04. 鐘鳴器
05. そして誰もいなくなった
※ボーナストラック
06. 石井秀仁の朗読 梶井基次郎「檸檬」

この記事をツイート

この記事の関連情報