【インタビュー】河村隆一にとって初となる無料ライブとは?

ツイート

LUNA SEAの河村隆一が、2月15日(月)から5夜連続6公演の配信ライブ< Ryuichi Kawamura Live2021>に挑む。e+ Streamingによる無観客有料配信ライブだが、初日となる2月15日だけは医療従事者/フロントワーカーのための無料配信ライブとしてRyuichi Kawamura YouTube Channelで生配信されることとなった。

長いキャリアの中で、河村隆一にとって初となる無料ライブはどのようなものになるのか、その想いを聞いた。


──ソロの配信ライブが目前に迫りましたが、<LUNA SEA -RELOAD- さいたまスーパーアリーナ2days公演>の振替日程も発表になりましたね。

河村隆一:そうですね。3月27日&28日の2daysです。2020年の12月26日&27日の公演を真矢のコロナ感染で延期してしまったわけですが…とにかく真矢が一番悔しかったと思うんです。なので真矢が「チクショー!」っていう思いをはらし、楽しんでもらいたいと思っています。あと、延期を発表した時のファンの方々がものすごく暖かったんですよ。延期を発表できたのが26日の開場の直前だったんです。にもかかわらず、あの時ファンの人たちは、SNSで、真矢も他のメンバーもさぞ悔しいだろうってことを語ってくれていたんです。普通なら「ふざけんな」「会場まで来たのになんだよ」っていう人がいたっておかしくない状況なのに「無理してやらないでくれ」「真矢の体調は大丈夫なのか?」「真矢が心配だ」「早く元気な姿が見たい」って心配と思いやりの声があふれていて。その言葉が温かくてなんか泣けてきましたよね。3月27日&28日はまだマスクを外せないと思うし、大声で歌っちゃいけないと思うんですけど、みなさんが心の声で大声で歌いたくなるような、叫びたくなるような、そういう精神的な本当の解放へ導いたいと思っています。最高に盛り上がるさいたまスーパーアリーナのLUNA SEAを期待してください。

──今までいろんな伝説を作ってきたLUNA SEAですが、この2daysは間違いなく伝説になるでしょうね。

河村隆一:LUNA SEAって傷を負うと強いですからね(笑)。大雪でライブ飛んだ次のライブとか、終幕もひとつの傷かもしれないし、いろんな傷が次の新しい伝説を作ってきたバンドなので、今回はコロナでツアーも再延期、再々延期になってますけども、このさいたまスーパーアリーナでも今までこんなLUNA SEAは見たことないっていう熱量を届けたいですよね。

──そして、ソロとしては2月15日(月)からは5夜連続6公演の配信ライブですが。

河村隆一:まさに今、5夜連続6公演の配信のライブの直前で、セットリストを組んでこういうMCをしようとかをイメージしながら、組んだプレイリストをリスニングしている感じですね。

──この5夜連続6公演というチャレンジをしようと思った理由は?

河村隆一:2020年秋からニコ生「Ryuichi Kawamura Channel」、それから今回の配信ライブもそうなのですがイープラスさんとやるストリーミングライブ、さらにYouTubeチャンネルも開設したりして、僕が苦手だった配信を駆使してやらせていただいているんです。その中で月に2回くらいライブをやるようなイメージだったんです。けれど、僕は“もっともっと”ってなっちゃうタイプなんで、回数うんぬんというよりはチャレンジをしたいし、チャンレンジを見せたいなって。で、ソロのいろんな楽曲をどういうふうに物語としてちゃんと伝えるか、物語性を5夜6公演の中で出せるか、当然歌のクオリティーや表現力をリアルタイムの配信でどこかまでできるのかのチャンレンジだと思っています。月に1回2回のライブだとだんだん余裕こいてきちゃうじゃないですか(笑)。ここでもう一発自分を追い込んだところを見せたいし、見てほしいっていう気持ちがものを創る人間としては強いんです。それが第一でしたね。

──河村隆一らしいですね。

河村隆一:そうですね(笑)。これは体力的なものだけじゃなくてプロデュース力を問われるライブになると思うんです。というのも、僕のソロの楽曲っていっぱいあって、オリジナルアルバムだけで17枚もあるんです。その中からどういう曲のチョイスでどういう物語を作っていくのか。そういうプロデューサーとしての能力も問われるライブになりますね。ただ長くライブをやるだけならキャリアがあればできることですから。体力面だけではなく、物語の起承転結や表現のクオリティーの高さをしっかりと追求する6公演になると思います。

──各公演日の内容を予告編として少しだけお願いします。


河村隆一:無料ライブってやったことないんですけど、初日15日だけ“医療従事者、フロントワーカーの方のため”としてYouTubeチャンネルで無料配信します。で、この日は「河村隆一を知っているたくさんの人にエールを送りたい」というメニュー構成です。医療従事者の方もそうだしフロントワーカーの方々がいろんなところで頑張っているから僕らがいるんですよ。ガソリンスタンドがなければ車も動かないわけで、リモートワークとはいえ全部がリモートワークできるわけじゃなくて、どうしてもそこに人がいないと無理なとこもあるわけですよね。その人たちって感染の恐怖もあるだろうし、いろんなものといろんな感情といろんな立場で闘っているんだと思う。その人達が僕のことを知ってくれているとしたら、ほっとしたときに観てもらって「明日からまた頑張ろう」って思ってもらえるような歌が届けられないかなということで、僕の代表作を中心にしています。

──いわゆるベスト・オブ・河村隆一?

河村隆一:はい。特に1997年にソロデビューした時の『LOVE』というアルバムが中心になって、その世界観が作りあげられている内容です。

──他の日の公演は?

河村隆一:詳細は伏せますが、1枚のアルバムであったり2枚のアルバムで年代を行ったり来たりしながら、「あっ、これはあのアルバムとあのアルバムからできてたのね」とか「この日はこうだったのね」みたいなことになっていきますね。

──なるほど。

河村隆一:そのセットリストを作るにあたって、過去の自分のアルバムを全部聴いて「この曲、最近やってない」っていうのもわかったんで、そういう曲もできるだけ演奏するつもりです。「代表曲は何曲かかぶる日があるかなぁ」と思ったんですが、結果、あまりかぶらずにいけそうですし、コアなファンが喜ぶ曲ももちろんあります。それぞれの公演にそれぞれの物語がありながら、全公演を通して大きなもの物語になっているので、アーカイブで全公演を一気見するとまた新しい発見があると思います。

──初日の無料配信は、医療従事者/フロントワーカーに向けてということですが、そうした想いへの背景には2年前に肺腺癌を経験したこともあるのでしょうか。

河村隆一:そうですね。やっぱり健康なうちはわからないですけど、病気するとすごく大切なことが見えてきますよね。

──肺腺癌の治療は大変でしたか?

河村隆一:僕は本当に初期の初期でガンを発見することができたので、手術もあっという間だったんです。麻酔してますから大変だったのはむしろ先生なので。検査やなんだって少々大変なことはありましたけど、大したことはありませんでした。逆に看護師さんが夜中も見にきてくれたりしてましたからね。再発しないとは100パーセントは言えませんけど、健康なときは健康なときで誰かに支えられているし、病気になればもちろん誰かに支えてもらっていますしね。自分にできることは歌うことなので、医療従事者/フロントワーカーのための15日の初日はもちろん、そこからの5公演も頑張ります。

──感謝ですね。

河村隆一:病気をしたときも再認識したんですけど、これが最後のライブだと思って一公演一公演しっかりやっていけたらいいなと思っています。そういう気持ちでやらないと、もしポリープでもなんでも手術をして声が変わるかもしれないとかいろんなことを思いますね。もしポリープになったら今の声ではもう歌えないかもしれない…いつもそういう覚悟でステージに立たなきゃいけないと、コロナ禍でさらにその想いが強くなりました。

──5夜連続6公演の配信を楽しみにしています。

河村隆一:音楽をやってきて、音楽からたくさんの光、未来…本当にたくさんのものをもらってきました。それに対する感謝の気持ちをしっかりと歌にしていきたいなって思っています。それと、僕にとってはソロの配信ライブもLUNA SEAのライブもいつも点が線でつながっていくんです。この5夜6公演の配信ライブをやり遂げたことの進化が、3月の振り替え公演のさいたまスーパーアリーナにつながっていくと思っています。そしてさいたまスーパーアリーナ2daysをやり切った僕がまた未来の僕を奮い立たせていくと思うし。なので、音楽好きなBARKS読者のみなさんには両方チェックしていただいて、進化の度合を楽しんでいただけたら嬉しいなと思いますね。

撮影:Susumu Miyawaki
取材・文:ラジオDJ「君ニ問フ」編集長
編集:BARKS編集部

<Ryuichi Kawamura Live2021「Home#07」>

2月15日 OPEN 18:30/START 19:00
Ryuichi Kawamura YouTube Channelでの無料生配信
※Ryuichi Kawamura YouTube Channelを登録してお待ち下さい(チャンネル登録するにはGoogleアカウントが必要です)。
◆Ryuichi Kawamura Official YouTube Channel

<e+ Streaming + Ryuichi Kawamura Live2021「Home#08-#12」>

【#08】2月16日 OPEN 18:30/START 19:00
【#09】2月17日 OPEN 18:30/START 19:00
【#10】2月18日 OPEN 18:30/START 19:00
【#11】2月19日 OPEN 17:30/START 18:00
【#12】2月19日 OPEN 20:30/START 21:00
チケット https://eplus.jp/rk20210216-0219/st/
※当日のライブから河村隆一がセレクトした楽曲(3曲)をダウンロードor CDでもれなくプレゼント。詳しくは河村隆一オフィシャルHPでご確認下さい。

◆河村隆一オフィシャルサイト
◆ニコニコチャンネル【Ryuichi Kawamura Channel】
この記事をツイート

この記事の関連情報