UEBO、12カ月連続SG第4弾「Wasted Years」を2月24日配信&sankaraのラッパー・Tossを迎え“努力”や“選択”に向けたメッセージ歌う

ツイート

“ネオ・サーフミュージック”を掲げる千葉県出身のシンガーソングライター・UEBOが、12カ月連続シングルの第4弾「Wasted Years」を2021年2月24日(水)に配信リリースする。

◆UEBO 関連画像

今回はbuzzy.のソングライター/ギタリストであるYUUKI KANAYAがトラックメイキングを担当。R&B/ヒップホップ、レゲエ、ジャズなど豊かなバックグラウンドをチルな感覚でミックスする音楽性、生音の質感を軸に据えたサウンドはUEBOの特徴にも近く、彼の持ち味をプッシュするにはもっとも適役だと言える。フィーチャリングには、sankaraのラッバー・Tossが参加。ヒップホップをルーツに、シティポップやディスコ、サーフポップなどを自由に往来しながら、ときに生々しくにときに緩く生活や情熱を言葉にするスタイルもまた、UEBOと共鳴する部分が大きい。

“諦めたことさえもなにも無駄になっちゃいないその意味が決まるのは今からずっと遠い未来”というキラーフレーズが刺さる、UEBOの歌うサビから始まり、それに応えるTossのラップ。選択に付いて回る迷いや後悔を解き放つような二人のコンビは、別れと出会い、新たな船出の春を前にした、心の揺れる季節にもびったりだ。UEBO、YUUKI KANAYA、Toss、3人の個性が絶妙に絡み合い曲の持つ可能性が広がっていく、これぞ掛け算と言える、ゆったりとしながらも力強いニュータイプのアンセム。さらに同曲のMVでは、卒業をテーマに制作を進めている。

「 Wasted Years」

2021年2月24日(水)リリース

◆UEBO オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報