Arturia、6ボイスのパワフルなモーフィング・アナログ・シンセサイザー「PolyBrute」

ツイート

Arturiaから、6ボイスのパワフルなアナログ・ポリフォニック・シンセサイザー「PolyBrute」が登場。2月21日に発売される。

「PolyBrute」は、単なるシンセを超えた6ボイスのパワフルなアナログ・シンセサイザー。これまでにない表現力とサウンド・モーフィング機能により、プレイヤーが自信を持って演奏でき、臨機応変に曲作りが行え、次々に理想のサウンドが得られる。


そのサウンドは、まさに生々しくパワフルで、オーガニック。パワーの基となるのは、2つのBruteウェーブ・シェイピング・オシレーター。軽やかなパッド・サウンドから重厚なベース・サウンドまで幅広い音色をカバーし、どのようなシチュエーションにもマッチする。アナログ領域を完全にコントロールするために、複数のフィルター、エンベロープ、LFOの拡張アレイでオシレーターを動作させる。

音作りにおいて最大の特徴となるのが、モーフィング機能。「PolyBrute」には2つの異なるパッチがあり、そのすべてのパラメーター設定を一気にスイープ可能。まったく異なるパッチ間を自由自在に行き来するという画期的な機能を備えている。


モーフィング機能を生かすには実践的なコントロールが必要となるが、そのために用意されたのが、まったく新しいモーフィングのための3Dパフォーマンス・タッチ・パッド。複雑なモーフィングを指先ひとつですぐに行える。繊細なモーフィングから大胆でダイナミックなシフトまで、「PolyBrute」のさまざまな機能の操作を、X、Y、Z軸を交差させることで瞬時に行える。さらにアーティキュレート・コントローラーも備え、パフォーマンスや曲作りに微妙なヒューマン・タッチを提供する。

アナログの反応とデジタルの精度を一体化したマトリックスも大きな特徴。最大32のディスティネーションを設定できる96ポイントのデジタルパッチベイを備え、モジュレーションソースとコントローラーをカンタンにルーティングでき、複数のパラメーターを一度にコントロールすることが可能だ。

コントロールパネルには、操作に必要な専用のノブとスイッチを装備。まさにアナログ操作ができる、比類のないコントロールと即時性を実現している。また、鍵盤上にはリボン・コントローラーを備え、スライドやタップ操作でピッチやボリュームまたはアサインしたマトリックスのディスティネーションを制御することが可能だ。操作するコントロールのほとんどがMIDIデータを生成するので、DAWであらゆる動作をキャプチャ可能。サウンドに動きがほしければ、強化されたSteinerフィルターのBrute Factorを使い、2つのフィルターを両方同時に操作したい時には、マスターのカットオフのノブを操作。地を這うようなサウンドが欲しくなったらVCO2のサブ・オシレーターを加える。このようにすべてを目の前で操作できる。


▲PCとUSB MIDI接続し、専用ソフトウェア「PolyBrute Connect」を使用すれば双方向の編集と管理が可能に。その広大なサウンドをスタジオのワークフローに組み込むことができる。

ライブラリの管理やパラメーターの編集が可能なソフトウェア「PolyBrute Connect」も用意され、DAWとの統合も可能。コンピューターと接続して、シームレスな双方向の編集と管理が可能だ。パッチを作成し、モーフィングをコントロールし、MacまたはWindowsからリアルタイムで「PolyBute」のサウンドをカンタンにコントロールできる。


▲オプションの木製スタンド「Wooden Legs」(税別25,000円、発売中)を取り付けた状態。

使いやすさはそのデザインにも現れている。最高の品質の製品を保証するため、「PolyBrute」は厳格なテストを受けている。何度も何度も操作するコントロール、ボタン、そして表現力豊かなコンポーネントや頑丈なメタル・シャーシは豪華なダーク・ウォルナットの部品で装飾し、従来のシンセとは一線を画す洗練されたモダンなルックスに仕上げた。オプションとして用意される木製スタンド「Wooden Legs」と組み合わせれば、スタジオやステージ、そして家でもスタイリッシュに設置が可能だ。

製品情報

◆PolyBrute
価格:350,000円(税別)
発売日:2021年2月21日

<おもな特徴>
■アナログ・モーフィング・シンセサイザー
・6ボイス・ポリフォニック
・モノ、ユニゾン、ポリ・ボイシング
・シングル、スプリット、レイヤー・モード
■ベロシティ、アフター・タッチ対応61キー
■ピッチ・ベンド、モジュレーション・ホイール、リボン・コントローラー
■モーフィー(タッチ、プレッシャー・センシティブ対応)の3Dコントローラー
■モーフィング機能範囲:各プリセットのAとB
■2基のアナログVCOを装備
・Saw / Triangle + Metalizer / Square + Pulse Width / Sub / Linear FM / Hard Sync
■ノイズ・ジェネレーター
・ランブル・ノイズからホワイト・ノイズまで連続可変可能
■フィルター・ルーティングを備えたオシレーターとノイズ・ミキサー
■12dB/OctのSteiner Parkerフィルター
・LP>Notch>HP>BPの連続モーフィング
・Cutoff、Resonance、Brute Factor
■ディストーションを搭載した24dB/OctのLadderフィルター
■3つのエンベロープ
・2つのADSR
・1つのDADSR
・ループ機能
■3つのLFO
・波形選択可能なLFO1とLFO2
・ShapeとSymmetryを使用した波形シェイピングができるLFO3
・レート・コントロールとテンポ・シンク
・さまざまなリトリガー・オプション
■3つのステレオ・デジタル・エフェクト
・モジュレーション系:コーラス、フェイザー、フランジャー、リング・モジュレーション
・ディレイ系:BBD、デジタル・ディレイなど9つのアルゴリズムを含んだディレイ
・リバーブ系:ホール、プレート、スプリング、シマーなど9つのアルゴリズムを含んだリバーブ
■768プリセット・スロット
■12×32モジュレーション・マトリックス
■64ステップのポリフォニック・シーケンサー
・ステップごとにノート、アクセント、スライドを入力
・オートメーション:3トラック
■アルペジエーターとマトリックス・アルペジエーター
■ステレオ・オーディオ出力
■MIDI、USB入出力、アナログ・クロック入出力
■2つのエクプレッション・ペダル、1つのサスティン・ペダル入力

<仕様>
パッケージ内容
・PolyBrute本体
・電源ケーブル
・クイックスタートガイド
サイズ/重量
・外形寸法:972(W)×378 (D)×110 (H) mm
・本体重量:20kg

関連画像&映像

◆ARTURIA 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報