スティーヴン・ウィルソン「ポーキュパイン・ツリーの新作、期待されていないときに」

ツイート
Photo by Andrew Hobbs

スティーヴン・ウィルソンは、他の人たちから期待されていることにはやる気が起きないそうで、ポーキュパイン・ツリーに関してもそれは同じらしい。ポーキュパイン・ツリーの新作が出るのは、思いも寄らないときだろうという。

ポーキュパイン・ツリーが最後にアルバムをリリースしてから11年以上が経ち、『Profil Prog』のインタビューで復活について問われたウィルソンは、こう話した。「僕はいつも、 “君らが僕に〇〇するよう期待していないとき、僕は多分、それに取り掛かる”って言ってるんだ。僕はポーキュパイン・ツリーがいつかアルバムを制作しているところを想像できる。いつかはわからない。多分、みんなが全く期待していないときにやるだろう」

「僕はいまでもプログレッシヴ・ロックって呼ばれるものを愛してる。でも、いまの僕はそこじゃないんだ。いまは他の音楽からより刺激を受けている。でも、過去の体験からサイクルってものがあるのはわかってる」「僕は、同じことを長い間やり続けるって忠誠心を持てない。飽きちゃうからね。ボウイやザッパ、ニール・ヤングなんか僕が敬愛してきたアイコンたちは常に変化していた」

ウィルソンは先月終わり、3年半ぶりにソロ・アルバム、通算6枚目となった『The Future Bites』をリリースし、全英4位をマークした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報