日向坂46の富田鈴花、パリピだけど真面目に語る“生い立ちから未来の夢まで”

ツイート

アイドルの生い立ちや“今”をロングインタビューで追いかける『IDOL AND READ』の最新刊 第26号が2月22日(月)に発売される。表紙巻頭を飾るは日向坂46の二期生、富田鈴花だ。

◆『IDOL AND READ』第26号 画像

芸人モノマネや自作ラップにも果敢にチャレンジする富田鈴花は、最近ではテレビのバラエティ番組等での存在感も際立つ“パリピだけど真面目”なキャラとして知られる。その富田が、幼少期のこと、家族のこと、小中学生時代のこと、高校2年生で加入した日向坂46(当時、けやき坂46)のこと、今後の夢について、2万字インタビューで“真面目”に語る。


また、最近父親からLINEにて長文で送られてきて知ったという「鈴花」という名前の本当の由来、日向坂46内のユニット“花ちゃんズ”の相方であり、2020年の配信ライブ<ひなくり2020>でステージ復帰した松田好花への思いなど、初めてここで読める話もたっぷり。富田鈴花の強さと優しさの両方が垣間見えるインタビューとなった。

裏表紙は、でんぱ組.incが“えいたそ”こと成瀬瑛美を含む6人で登場。2021年1月、でんぱ組結成のきっかけとなったメンバー古川未鈴が母親になることを報告したほか、自身の誕生日となる2月16日のライブを最後にえいたそがグループを卒業、以降声優・歌手としてソロ活動するなど、またも激動を迎えるでんぱ組.incが、この1年と今後について前向きに語り、ファンの不安を吹き飛ばしてくれる。

さらに、負けん気の強さで知られるAKB48 チーム8 / チームKの倉野尾成美、空手公認二段の腕前を持つBEYOOOOONDSの前田こころ、1月にメジャーデビューし、2月8日に日本武道館ライブを行なったZOCの雅雀り子、実写×アニメドラマ『アイカツプラネット!』の主役を務めるいぎなり東北産の伊達花彩ら、注目アイドルたちの生い立ちパーソナルインタビューをはじめ、1月10日に行なわれたCY8ERの日本武道館解散ライブレポートも掲載。幅広いラインナップで届けられる。



■『IDOL AND READ』第26号

2021年2月22日(月)発売
・cover:富田鈴花 (日向坂46)
・back cover:でんぱ組.inc
personal interview
倉野尾成美 (AKB48 Team 8 / Team K)
前田こころ (BEYOOOOONDS)
雅雀り子 (ZOC)
間島和奏 (ラストアイドル)
伊達花彩 (いぎなり東北産)
羽島みき (神宿)
星熊南巫 (我儘ラキア)
優雨ナコ (クマリデパート)
interview
PIGGS
live report
CY8ER

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報