全英アルバム・チャート、UKのラッパー、スロウタイが1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは英国ノーサンプトン出身のラッパー、スロウタイのセカンド『TYRON』が初登場で1位に輝いた。2019年にリリースしたファースト『Nothing Great About Britain』は最高9位で、2作目で初の全英1位を獲得した。

◆全英チャート 関連画像

先週初登場で首位に輝いたフー・ファイターズの『Medicine At Midnight』は2位に後退。マンチェスター出身のインディ・ロック・バンド、ペール・ウェーヴスのセカンド『Who Am I?』が3位にチャート・インし、ファースト『My Mind Makes Noises』(2018年)の8位を上回った。

今週はこのほか、プリティー・レックレスの4年半ぶりの新作『Death By Rock And Roll』が6位に初登場している。



シングル・チャートは、オリヴィア・ロドリゴの「drivers license」が6週連続で1位を獲得した。2位にはアメリカ人のラッパーLil Tjayと6LACKのコラボ「Calling My Phone」が初登場。1位との差はわずか1,700枚だったという。

先週2位だったNathan Evansの「Wellerman」は3位に後退。今週新たにトップ10入りしたのはもう1曲あり、英国人のDJ/プロデューサーRitonがNightcrawlersとコラボした「Friday」が10位につけた。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報